文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. スマートフォン操作にてあらゆる場所で観察・分析を可能にする低価格可搬型高分解能顕微鏡の開発!

精密加工

スマートフォン操作にてあらゆる場所で観察・分析を可能にする低価格可搬型高分解能顕微鏡の開発!

富山県

株式会社VICインターナショナル

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 スマートフォン操作にてあらゆる場所で観察・分析を可能にする低価格可搬型高分解能顕微鏡の開発
基盤技術分野 精密加工
事業化状況 研究実施中
事業実施年度 平成28年度~

プロジェクトの詳細

事業概要

走査型電子顕微鏡(SEM)は、ものづくり分野で研究から品質管理における観察、分析、計測等のための基本設備である。しかしSEMの利用は特定の場所(検査室など)で特定の技術者に限定されている。これは操作の専門性、SEMが高価(1千万円以上)で据置型のためである。製造現場での問題解決への迅速性ニーズへの対応のため、本研究では「可搬性に富み、どこでも誰でも簡単に使え、維持管理が容易な高品質・低価格なSEM」の実現を目指す

実用化・事業化の状況

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社VICインターナショナル
事業管理機関 公益財団法人富山県新世紀産業機構

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社VICインターナショナル(法人番号:8013101004571)
本社所在地 富山県