文字サイズ
標準
色の変更
標準

サポインとは?

  1. トップ
  2. サポインとは?

サポインとは?

サポイン Supporting Industry
| |
中小企業の研究開発・試作品開発などを支援する事業

サポイン(戦略的基盤技術高度化支援事業)は「Supporting Industry」の略で、中小企業・小規模事業者が大学や公設試験研究機関、他の企業などと共同で我が国産業を支えるものづくり基盤技術の高度化に向けた研究開発や試作品開発、販路開拓などの取組を支援するものです。最大3年間、合計で9,750万円の補助金を受けることができます。
サポインでは、日本のものづくりの「競争力強化」と「新たな事業の創出」を目指しており、これまで2,000件を超える中小企業・小規模事業者による研究開発プロジェクトを支援しています。

「狭き門」を通った、選び抜かれた技術

サポインの支援を受けるには、取り組もうとする詳細な研究開発の計画を立て、申請を行い、審査の結果、採択されると支援が受けられます。つまり、サポイン事業に採択された研究開発は、「狭き門を通った、選び抜かれた事業」ということになります。
現に、サポインの採択を受けた企業は川下企業の生産性や品質の工場、コストの低減など企業の競争力の工場に活かせる技術や製品などの成果が出ています。

サポインの実績

これまでの年度別採択状況

※平成26年度以前のデータは下記資料をご覧ください。
「これまでの戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)・支援実績」
https://www.chusho.meti.go.jp/sapoin/index.php/files/download/file/18/491

さらに詳しく見る