文字サイズ
標準
色の変更
標準

サポイン申請をご検討の方へ

  1. トップ
  2. サポイン申請をご検討の方へ

サポイン申請をご検討の方へ

サポイン Supporting Industry
| |
中小企業の研究開発・試作品開発などを支援する事業

サポイン(戦略的基盤技術高度化支援事業)は「Supporting Industry」の略で、中小企業・小規模事業者が大学や公設試験研究機関、他の企業などと共同で我が国産業を支えるものづくり基盤技術の高度化に向けた研究開発や試作品開発、販路開拓などの取組を支援するものです。最大3年間、合計で9,750万円の補助金を受けることができます。
サポインでは、日本のものづくりの「競争力強化」と「新たな事業の創出」を目指しており、これまで2,000件を超える中小企業・小規模事業者による研究開発プロジェクトを支援しています。

サポインの特徴

1.最大97,500,000円の補助金の交付を受けられる(3年間の合計)

  • サポイン事業として採択されると、研究開発等に要する対象経費の3分の2以内の補助金を受けられます。
    (共同体として参画する大学・公設試等は定額(上限額以内で全額))
    補助上限額は、単年度当たり4,500万円、3年間の合計で9,750万円となります。
  • 補助対象となる事業期間は、2年又は3年です。
  • 補助対象となる経費は物品費、?件費・謝金、旅費、委託費など、研究開発に必要な経費を幅広く認めています。
事業期間 2~3年度
補助上限 単年度4,500万円
3年間の合計で9,750万円以内
補助率 2/3以内
※大学・公設試等は定額
補助対象経費 人件費、旅費機械装置等の設備備品費、消耗品費、委託費 等

2.新たなネットワークの構築

  • サポイン事業は1企業(団体)単独では申請できず、大学等の研究機関や事業管理機関と共同体を構成する必要があります。サポインをきっかけとして、これまでとは異なるつながり・ネットワークの構築や、自社だけではできなかったより深い研究開発を行うことができます。さらにサポイン事業にとどまらず、新たな研究開発実施等につなげていただくことができます。

3.人材の育成

  • 新たな技術の研究開発を行うことで社内の人材育成・モチベーションの向上につながる、という面もあります。 サポイン事業を進めるには、技術的な側面に加え、社内外の方々とのコミュニケーション・調整が多く必要となり、関わるメンバーの成長が期待できます。

4.サポイン事業以外においても様々な支援をうけられる

  • サポインで開発した技術等を対象とした展示会出展における支援等、サポイン事業以外に受けられる支援メニューを提供しています。

制度の概要

サポインは、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律(以下「ものづくり高度化法」といいます。)に基づくデザイン開発、精密加工、立体造形等の12技術分野を対象として中小企業・小規模事業者が大学・公設試等の研究機関と連携して行う、製品化につながる可能性の高い研究開発、試作品開発等及び販路開拓への取組を一貫して支援するものです。

申請対象者

  • 中小企業・小規模事業者を中心として大学、公設試験研究機関、最終製品を生産する川下製造業者、自社以外の中小企業者など、2者以上で共同体を組んでいる必要があります。
  • 共同体の構成員は、日本国内において事業を営み、本社を置き、かつ、研究開発等を行う必要があります。


その他詳細は公募時の公募要領をご確認ください。

申請対象事業

  • 本事業の申請対象事業は、ものづくり高度化法第3条に定める「特定ものづくり基盤技術高度化指針」に記載された内容に関する研究開発等が対象になります。
  • 本事業の補助対象は、製品化につながる可能性の高い研究開発、試作品開発及び販路開拓への取組までですが、事業化までの道筋が明確に描けているものが対象となります。


その他詳細は公募時の公募要領をご確認ください。