文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. タブリードの高精度せん断加工技術の開発により高品質・低価格での提供が可能に、販路拡大に貢献!

精密加工

タブリードの高精度せん断加工技術の開発により高品質・低価格での提供が可能に、販路拡大に貢献!

新潟県

株式会社山口製作所

2022年1月28日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 リチウムイオン電池用タブリードの高精度せん断加工技術の開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 自動車、農業、産業機械、工作機械
事業化状況 事業化に成功し継続的な取引が続いている
事業実施年度 平成24年度~平成26年度

プロジェクトの詳細

事業概要

電気自動車等に採用されているラミネート型リチウムイオン電池のタブリードには純アルミや純銅の焼きなまし材が使用されており、極軟質材のためキズや反りが発生しやすく、高精度・高品質なタブリードを低コストで量産することは難しい。そこで焼結ダイヤモンドを使用したゼロクリアランス金型および高精度レベラー等の新しい技術を開発し、この極軟質金属薄板を高精度・バリなしでせん断加工する技術を確立する

開発した技術のポイント

多結晶焼結ダイヤモンド(PCD)を使用したゼロクリアランス金型及び高精度レベラー等の新技術を開発し、高精度・バリなし・低コストでせん断加工する技術の確立を行う
(新技術)
多結晶焼結ダイヤモンド(PCD)を使用したゼロクリアランス金型及び高精度レベラー等の新技術を開発する
(新技術の特徴)
高精度・バリなし・低コストでせん断加工することが可能となる

具体的な成果

・高精度バリなしせん断加工技術の開発
‐PCD製せん断工具を組み込んだゼロクリアランス金型を開発し、バリ高さ5μm以下の加工精度を実現した
・極軟質金属薄板の平坦化技術の開発
・非接触表面検査技術の開発
‐バリ、キズを非接触で検査できる装置を開発した
・非接触搬送装置の開発
‐タブリードのプレス加工後に、人手を介さずワークの搬送や非接触検査が可能なワーク搬送装置を開発した

研究開発成果の利用シーン

・PCD製せん断工具を組み込んだゼロクリアランス金型
・バリ、キズを非接触で検査できる装置
・人手を介さずワークの搬送や非接触検査が可能なワーク搬送装置

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

・PCDを使用したゼロクリアランス金型及び高精度レベラー等の新技術を開発し、高精度・バリなしせん断加工技術の確立を達成した
・タブリードのプレス加工後に、人手を介さずワークの搬送や非接触検査が可能なワーク搬送装置を開発した

製品・サービスのPRポイント

・高精度なせん断加工技術の開発により、タブリードの量産化が可能に、低価格化を実現
‐多結晶焼結ダイヤモンド(PCD)を使用したゼロクリアランス金型及び高精度レベラー等の新技術を開発した
‐極軟質金属薄板を高精度・バリなし・低コストでせん断加工する技術を開発した
・高速搬送技術や表面検査技術を開発し、連続生産による量産化を実現したことにより、低価格での提供が可能となった
・高精度なせん断加工技術の開発により、販路拡大に貢献
‐高品質なタブリードを低コストで開発することが可能となり、新規顧客への販路拡大が可能となる

今後の実用化・事業化の見通し

・サポイン終了後、市況変化への対応及びコスト競争力の強化を図るため、新潟県工業技術総合研究所との共同研究により、オリジナルの表面改質や表面処理一貫生産ラインの開発を進めている
・にいがた産業創造機構の支援を受けながら、平成28年度にサンプルの市場投入を計画している

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社山口製作所
事業管理機関 公益財団法人にいがた産業創造機構
研究等実施機関 株式会社ハセガワマシーナリ
学校法人日本工業大学
新潟県工業技術総合研究所

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社山口製作所
事業内容 プレス加工・組立・金型製作・部品加工
本社所在地 〒947-0101 新潟県小千谷市片貝町10245-1
ホームページ http://www.yssmfg.co.jp/
連絡先窓口 株式会社山口製作所
メールアドレス info@yssmfg.co.jp
電話番号 0258-84-2308