文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 軽量性を有する放熱材料を実現するグラファイトへのメタライジング工法の開発

表面処理

軽量性を有する放熱材料を実現するグラファイトへのメタライジング工法の開発

岡山県

オーエム産業株式会社

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 高機能性グラファイト材料のメタライジングによる放熱材料への応用に関する研究
基盤技術分野 表面処理
対象となる産業分野 医療・健康・介護、自動車、情報通信、スマート家電、半導体
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)、高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(耐久性向上)、高性能化(信頼性・安全性向上)、高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、高効率化(工程短縮)、高効率化(生産性増加)
キーワード 高密着性、高耐熱性
事業化状況 事業化に成功
事業実施年度 平成21年度~平成24年度

プロジェクトの詳細

事業概要

電気自動車(EV、HEV)のインバータ、パソコンのCPUなど半導体デバイス、パワーLED照明など、放熱材としてグラファイト材料が最良だが、シリコンウェハやデバイスとの直接接合が困難であり、またグラファイトのメタライジングによる接合法に、高温下での密着性の確保が要求される。安価に量産容易なめっき法を用いて、グラファイト材料を放熱材として用途展開を図る

開発した技術のポイント

・ストライクめっきによる密着強度の向上
・高温環境下における密着性の確保
・発塵を抑制するためのめっきのカバーリング
・工程の短縮

具体的な成果

・グラファイト表面の表面改質により、密着性が向上
-耐熱試験後の外観にも変化はない
・めっき膜の密着性のメカニズムを検証
-基板表面に存在する空隙内部にニッケルが析出し、これが皮膜-基板間でアンカー効果を示すことを確認
-シミュレーションによりグラファイト表面においてMo、W、Crめっきは安定であることを確認

知財出願や広報活動等の状況

出展:インターネプコン(H23.1)、日経ものづくり展示会(H23.11)

研究開発成果の利用シーン

本研究のメタライジング工法を用いることにより、ハイブリット自動車や電子材料等の放熱材料としてグラファイトが使用可能となり、製品の放熱性向上、軽量化が可能

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

次世代通信用の放熱材料として営業展開中。

提携可能な製品・サービス内容

加工・組立・処理、素材・部品製造、試験・分析・評価、共同研究・共同開発、技術ライセンス、技術コンサルティング

製品・サービスのPRポイント

・放熱性向上
・軽量化

今後の実用化・事業化の見通し

メーカーへの売り込みを実施

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 オーエム産業株式会社
事業管理機関 公益財団法人岡山県産業振興財団
研究等実施機関 岡山県工業技術センター
公立大学法人岡山県立大学

サポイン事業者 企業情報

企業名 オーエム産業株式会社(法人番号:5260001009480)
事業内容 めっき加工業
社員数 131 名
生産拠点 本社本社工場(岡山)、栃木工場国内子会社:㈱シンセー(石川)、海外子会社:SiamOKAME(タイ)
本社所在地 〒700-0971 岡山県岡山市北区野田3-18-48
ホームページ http://www.oms.co.jp
連絡先窓口 西村宜幸
メールアドレス nishi@oms.co.jp
電話番号 086-241-3201