文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 温度調節機能を付与した消臭性・調湿性を有する内装材の開発

複合・新機能材料

温度調節機能を付与した消臭性・調湿性を有する内装材の開発

神奈川県

株式会社高千穂

2021年2月19日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 蓄熱・放熱機能付環境対応型塗壁材の開発
基盤技術分野 複合・新機能材料
対象となる産業分野 建築物・構造物
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)、環境配慮
キーワード 蓄熱、建材、省エネ
事業化状況 実用化に成功し事業化に向けて取り組み中
事業実施年度 平成26年度~平成28年度

プロジェクトの詳細

事業概要

本件は従来の消臭・調湿機能に加え、温度調節機能を付与することによる、低炭素社会へ向けた温度調節機能付き省エネ壁材の開発

開発した技術のポイント

・シラス材料を高温焼成処理することによる、中空微粒子製造技術を確立した。(図1)
・無機素材の蓄熱・放熱材を複合化することにより温度調節機能を持つ左官壁材を開発した。(図2)

(図1)シラスを原料とする中空微粒子
(図2)蓄熱・放熱機能機能付き内装材(断面模式図)
具体的な成果
(図3)従来壁材(左)および開発壁材(右)を施工した部屋のサーモグラフィー

・既存技術では一部の特殊なシラスでないと中空化させることが困難であったが、一般的なシラスでも中空化できる技術(装置、工程)を開発することができた。
・無機素材の蓄熱・放熱材を配合した左官壁材を開発してモデルハウスでのテスト施工を実施した。同じ形の隣り合う部屋に従来のシラス壁と開発壁材(PCMシラス壁)を施工し、夏季の室内環境を比較しました。その結果、PCMシラス壁を施工した部屋では、夏の日中も涼しさが保たれていることが実証されました開発壁材を施工した室内において夏季の環境データを取得した結果、2.4℃の温度上昇抑制効果を確認した。(図3)

研究開発成果の利用シーン

・開発製品を住宅や非住宅(商業施設、公共施設など)へ施工することにより、室温変化が小さく、快適で健康的な省エネ空間にすることができる。
・開発製品の中間材料を添加することで、断熱性、軽量性、消臭性などの機能性を付加することができる。

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

試作品の製造、施工法のテストが完了し、機能面での長期信頼性の検証と量産化に取り組んでいる。

提携可能な製品・サービス内容

素材・部品製造、製品製造

製品・サービスのPRポイント

・消臭機能、調湿機能、断熱機能
・居住空間における温度調節機能(居住者の快適性、健康性を向上)
・体温調節を苦手とする、高齢者、乳幼児の健康管理にも役立つ
・暖房機器の使用エネルギーの削減

今後の実用化・事業化の見通し

・事業化に向けて、本開発成果1件の特許出願を平成29年4月12日に完了している。開発製品の長期信頼性検証、量産化検討を実施中。
・本プロジェクトで開発された蓄熱粒子は開発製品に配合するだけでなく、単体での商品化も予定している。

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社高千穂
事業管理機関 公益財団法人横浜企業経営支援財団
研究等実施機関 鹿児島県工業技術センター
藤田建設工業株式会社
高千穂シラス株式会社
アドバイザー 有限会社オールジャパンコム

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社高千穂(法人番号:7020001015369)
事業内容 リフォーム工事・注文住宅新築工事・住に関わる「環境・自然素材」の商品開発・販売
社員数 98 名
生産拠点 高千穂シラス株式会社山田工場(宮崎県)
本社所在地 〒220-8109 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー9階
ホームページ http://www.takachiho-group.com/
連絡先窓口 R&Dセンター 栗原路子
メールアドレス mkurihara@takachiho-corp.co.jp
電話番号 045-224-6070