文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 軽油中のバイオディーゼル燃料の濃度をリアルタイムで測定するセンサーにより、建設機械やトラックの故障予防に貢献!

情報処理

軽油中のバイオディーゼル燃料の濃度をリアルタイムで測定するセンサーにより、建設機械やトラックの故障予防に貢献!

広島県

株式会社サンエー

2020年4月11日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 建設機械及び自動車用バイオディーゼル燃料性状センサーの開発
基盤技術分野 情報処理
対象となる産業分野 環境・エネルギー、自動車、産業機械
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)、高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(耐久性向上)、高性能化(精度向上)、環境配慮、低コスト化
キーワード ディーゼル、バイオディーゼル、燃料、センサー、計測
事業化状況 研究中止または停滞中
事業実施年度 平成24年度~平成26年度

プロジェクトの詳細

事業概要

建設機械市場で、バイオディーゼル燃料の過度の添加による不具合が問題となっている。またCO2削減の為、自動車エンジンのバイオディーゼル燃料活用が期待されるが、その添加比率を正確にセンシングする技術がなく、精緻なエンジン制御や排ガス処理システムでは、多量の添加は難しい。本事業は、バイオディーゼル混合軽油の濃度と品質を特定するセンサーを開発し、建機の市場不具合解消と自動車エンジン制御の実現を目指す

開発した技術のポイント

軽油中のバイオディーゼル燃料混合濃度と品質をリアルタイムで特定できる、安価なセンサーを開発する
(新技術)
動粘度と熱伝達率を同時かつリアルタイムで計測できるバイオディーゼル燃料性状センサーを、軽油中のバイオディーゼル燃料の検出に用いる
(新技術の特徴)
軽油へのバイオディーゼル燃料の添加の有無やその濃度を検出できることで、故障検出や予防が可能になる

具体的な成果

・バイオディーゼル混合燃料性状及び濃度の複合センシングの開発
‐計測アルゴリズム及び計測回路・ソフトウェアの設計、及び実機応用技術として、実機搭載環境での測定精度の向上を行った
・樹脂成型を用いた低コスト化
‐カバー及び筐体構造の設計、キャリブレーション工程の改良を行った
・耐久信頼性
‐材料の耐久性の検討、試作品の耐環境性能の評価と改良を行った

研究開発成果の利用シーン

動粘度と熱伝達率を同時かつリアルタイムで計測できるバイオディーゼル燃料性状センサー

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

東南アジアなどでバイオディーゼル燃料油の使用は高まっているが、国内では灯油の価格が高騰していることから、センサーの主機能である灯油成分検出のニーズが低下している。
既存事業の業務を優先、人員及び資金を集中している関係と、市場ニーズの変化から、事業化の時期を再検討している。

提携可能な製品・サービス内容

加工・組立・処理、試験・分析・評価、共同研究・共同開発

製品・サービスのPRポイント

・建設機械やトラックのメンテナンスコストの低減に貢献
‐軽油中のバイオディーゼル燃料の濃度を瞬時にかつ高い精度で測定することが可能になった
‐軽油中へのバイオディーゼル燃料の混合に起因する建設機械や自動車への不具合の発生を未然に防ぐことができるようになった
‐不具合の発生に伴うメンテナンスや、不具合の発生を予防する点検にかかる人件費等のコスト節減が可能になり、安全に利用できる
・建設機械や自動車の提供に貢献する建設機械やトラックの通信仕様に対応
‐センサーのインターフェースソフトウエアの通信方式は、J1939に準拠したCAN通信方式を採用しており、十分に高い品質が担保されている

今後の実用化・事業化の見通し

・バイオディーゼル燃料性状及び濃度の複合センシング精度の向上、低コスト化に向けた生産性向上とバイオディーゼル燃料に対する耐久性、信頼性検証を目的とした継続補完研究を引き続き行う予定である
・平成26年度に研究成果の試作品をサンプルとしてユーザ(建機)へ提供し、市場テストを実施いただいたが、その結果を活かすことで事業化への動きを加速させていきたい
・多用途対応モデル(取付け形状違い)の開発に着手することも検討している
・平成27年度から建機・農機またトラック市場への供給のための量産を開始し、以降、事業規模を拡大することを目指す

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社サンエー アドバンスト事業所
事業管理機関 公益財団法人ひろしま産業振興機構
研究等実施機関 株式会社高崎共同計算センター
広島県立総合技術研究所

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社サンエー(法人番号:2400-01-024434)
事業内容 尿素水識別センサー、燃料識別センサーの製品開発、生産、販売
社員数 137 名
生産拠点 広島県三次市に2つの工場を保有
本社所在地 〒728-0017 広島県三次市南畑敷町870番地38
ホームページ http://www.sun-awks.co.jp/
連絡先窓口 営業部
メールアドレス u-sensor@sun-awks.co.jp
電話番号 048-612-2069