文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 高耐疲労高強度全天候型絶縁ロープの製造・点検技術の開発

複合・新機能材料

高耐疲労高強度全天候型絶縁ロープの製造・点検技術の開発

香川県

髙木綱業株式会社

2022年1月25日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 高耐疲労高強度全天候型絶縁ロープの製造・点検技術の開発
基盤技術分野 複合・新機能材料
対象となる産業分野 環境・エネルギー
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)、高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(耐久性向上)、高性能化(信頼性・安全性向上)
キーワード 繊維ロープ、絶縁、高強度、耐疲労、点検技術
事業化状況 実用化に成功し事業化間近
事業実施年度 平成30年度~令和2年度

プロジェクトの詳細

事業概要

高強度絶縁型ロープのさらなる高強度化、長寿命化を実現するため、絶縁ロープに適する耐摩耗性が進化したスーパー繊維を探し出し、最新技術を活用して繊維と樹脂を複合化させることにより、高耐疲労高強度型絶縁ロープを開発することを目指した。

高耐疲労型高強度絶縁ロープ
開発した技術のポイント

ポリアリレート繊維をロープ芯材に採用し、繊維への樹脂塗工や編組の新規開発、水切り傘の取付などにより、従来よりも性能の高い長寿命高耐疲労強度全天候型絶縁ロープの開発に成功した。また傷検出センサによる傷のチェックや伸び測定による残存強度チェックを行うことで、ロープの非破壊全長点検技術を開発した。

傘形状付き絶縁ロープ
具体的な成果

・耐疲労性能向上技術の開発
-従来技術ロープに比べ耐疲労性能3倍以上を達成
・降雨時絶縁性能向上技術の開発
-傘なしロープと比較して漏れ電流1/2以下、注水耐電圧2倍以上を達成
・非破壊全長点検技術の開発
-非破壊で評価試験を行い、ロープの再使用可否判断ができることを確認

連続耐電圧試験装置
知財出願や広報活動等の状況

関係する必要な知財等について戦略的に検討し、3件の特許を出願した。
(特願2021-102577 「絶縁ロープ、絶縁ロープの製造方法、および外被形成装置」,特願2021-102578 「ロープ検査装置およびロープ検査方法」,特願2021-196593 「絶縁ロープの絶縁性確認方法およびそれに用いる絶縁性確認装置」)

研究開発成果の利用シーン

送電線の張替工事において、電線を吊り下げ保持する重要なロープとして利用する。

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

電力送配電会社、施工会社等と連携をとりながら、新製品ロープと点検サービスの市場への浸透を図る。また、技術資料やPR資料を整備するとともに、業界紙への投稿や展示会への参加など、積極的に全国展開を進める。

送電線張替工事の概要
提携可能な製品・サービス内容

製品製造、試験・分析・評価

製品・サービスのPRポイント

従来の高強度型絶縁ロープのみならず、ワイヤーロープをも大きく上回る耐疲労性能を持つため、従来と比べて信頼性と再利用性の向上が期待できる。
また、ロープを非破壊で全長にわたり自動点検することにより、使用済高強度型絶縁ロープの総合的性能評価を行い再使用の可否判断ができるのも、他にない特徴である。

今後の実用化・事業化の見通し

高耐疲労高強度全天候型絶縁ロープ(高耐疲労高強度型絶縁ロープ、全天候型絶縁ロープ)については早期に製品化し、実際の工事現場での使用実績を積んだうえで、積極的に市場に投入する。
ロープ点検サービスについては、開発した点検装置と技術を用いて、現在、試験的に施工会社が使用したロープの点検を行っている。これらの実績と得られた知見をもとに、具体的な試験方法をマニュアル化し、早期に事業化を図る。

実用化・事業化にあたっての課題

開発した高耐疲労高強度全天候型絶縁ロープは製品化には至っておらず、早期の製品化と実際の工事現場での使用実績を積む必要がある。

事業化に向けた提携や連携の希望

業界標準化を目指すために電力送配電会社や施工会社等との連携が必要である。

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 髙木綱業株式会社
事業管理機関 公益財団法人かがわ産業支援財団 技術振興部 産学官連携推進課
研究等実施機関 香川県産業技術センター 材料技術部門 主席研究員 白川寛
アドバイザー 株式会社メタルワン鉄鋼製品販売
株式会社四電工
国立研究開発法人産業技術総合研究所
株式会社四国総合研究所

サポイン事業者 企業情報

企業名 髙木綱業株式会社(法人番号:8470001002643)
事業内容 繊維ロープ製造業
社員数 80 名
生産拠点 さぬき工場(香川県さぬき市)
本社所在地 〒761-0301 香川県高松市林町278-1
ホームページ https://t2701.com/
連絡先窓口 新プロダクト推進室 上北 嘉明
メールアドレス y.uekita@t2701.com
電話番号 087-867-2701(代表)