文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 高耐熱・耐摩耗性を実現する世界初のアルミナ拡散表面処理技術

表面処理

高耐熱・耐摩耗性を実現する世界初のアルミナ拡散表面処理技術

大分県

株式会社トライテック

2021年2月19日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 高炉用回転式PCバーナーに使用するランスパイプの高耐熱・耐摩耗性を実現する世界初のアルミナ拡散表面処理技術の研究開発
基盤技術分野 表面処理
対象となる産業分野 航空・宇宙、製鉄・発電プラント設備
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)、高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(耐久性向上)、高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、低コスト化
キーワード 高耐熱、耐摩耗性
事業化状況 実用化間近
事業実施年度 平成29年度~令和1年度

プロジェクトの詳細

事業概要
高温耐熱性試験

高耐熱・耐摩耗性に優れた、世界初のアルミナ拡散表面処理技術を研究開発し、高炉用微粉炭吹込みバーナーのランスパイプに適用することにより長寿命化を実現し、製銑コストダウンを図る。さらに、本技術が必要とされるタービンエンジン、タービンブレード(発電プラント設備)や経済産業省の成長戦略分野の1つである航空・宇宙分野製品の表面処理に応用するなど、事業展開を図る。

開発した技術のポイント

・製鉄高炉用PCバーナーに使用するランスパイプの長寿命化を図る目的で、高耐熱・耐摩耗性に優れた、アルミナ被膜の付与を行った。

具体的な成果

・アルミナ被膜形成方法の確立
-従来品と比較して、耐熱性及び高温耐摩耗性の物性値を上回ることができた。
・排ガスの無害化
-排ガスが目標値未満になることを確認した。
・独自技術
-調査会社による特許調査(日欧米韓)を行った結果、新規性を有する、革新的な技術であることを確認した

研究開発成果の利用シーン

高炉用回転式PCバーナーに使用するランスパイプの表面処理。

回転式PCバーナー

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

コスト・耐久性共に優れており商品価値は高い。はじめに国内各社高炉で適用し優位性を確認の後、海外展開も図る。

提携可能な製品・サービス内容

設計・製作、加工・組立・処理、素材・部品製造、製品製造、共同研究・共同開発

製品・サービスのPRポイント

・従来品と比較して、耐熱性及び高温耐摩耗性の物性値を上回ることができた。
・製造コストも従来品の約1/2以下の低コストであることを確認しており、コストメリットも非常に高い。

今後の実用化・事業化の見通し

・実証炉の設計、製作は専門の人材を採用して自社で行った。現在、量産炉の設計に取り掛かっている。

実用化・事業化にあたっての課題

・新型コロナウィルス感染症の影響で販売戦略の変更を余儀なくされた。
① 国内高炉は、非定常の操業となり、テスト使用が難しい状況。
② 海外の高炉メーカー(欧州、インド)は更に状況が厳しく、再構築を余儀なくされる。

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社トライテック
事業管理機関 公益財団法人大分県産業創造機構
研究等実施機関 独立行政法人国立高等専門学校機構大分工業高等専門学校
大分県産業科学技術センター
新興アルマー工業株式会社

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社トライテック(法人番号:8320001004027)
事業内容 1. 製鉄工具の製造販売 2. 土木工具の製造販売 3. 製缶品の設計と製作 4. 溶射施工 5. 上記各号に附帯する一切の業務
社員数 27 名
生産拠点 野津工場(大分県臼杵市)
本社所在地 〒870-0278 大分県大分市青崎1-3-42
ホームページ https://www.trytec-japan.com/
連絡先窓口 株式会社トライテック 代表取締役 竹崎博
メールアドレス takezaki@trytec.jp
電話番号 097-578-6156