文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 深部加熱が可能で抜群の省エネルギー化を実現する革新的な磁気加熱式によるアルミ押出加工用アルミビレット加熱装置の実用化開発!

立体造形

深部加熱が可能で抜群の省エネルギー化を実現する革新的な磁気加熱式によるアルミ押出加工用アルミビレット加熱装置の実用化開発!

広島県

テラル株式会社

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 深部加熱が可能で抜群の省エネルギー化を実現する革新的な磁気加熱式によるアルミ押出加工用アルミビレット加熱装置の実用化開発
基盤技術分野 立体造形
事業化状況 研究実施中
事業実施年度 令和1年度~

プロジェクトの詳細

事業概要

アルミ押出加工用アルミビレット加熱装置は、高周波誘導加熱式が一般的であるが、この方法はエネルギー効率及び生産性が悪く、アルミ押出加工品の高コストの要因になっている。そこで、超電導コイルを用いた直流強磁場中でアルミビレットを低速回転させることにより高周波誘導加熱式と比較し高効率、高速及び均一加熱を実現する磁気加熱式加熱装置を開発することで、アルミ押出加工品の生産性を大幅に向上し、低コスト化を目指す

実用化・事業化の状況

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 テラル株式会社
事業管理機関 公益財団法人中国地域創造研究センター

サポイン事業者 企業情報

企業名 テラル株式会社(法人番号:1240001031399)
本社所在地 広島県