文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 革新的不動態厚膜形成法によるステンレス配管・容器溶接部等の高耐食化処理システムの実用化開発!

表面処理

革新的不動態厚膜形成法によるステンレス配管・容器溶接部等の高耐食化処理システムの実用化開発!

鳥取県

株式会社アサヒメッキ

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 革新的不動態厚膜形成法によるステンレス配管・容器溶接部等の高耐食化処理システムの実用化開発
基盤技術分野 表面処理
事業化状況 研究実施中
事業実施年度 令和1年度~

プロジェクトの詳細

事業概要

電解研磨と独自の化学酸化発色処理法を組み合わせたウェットプロセス表面改質技術により、ステンレス鋼表面に最大250nm厚さの緻密な不動態酸化膜を形成し、水素を含む外部からの腐食因子を有効に遮断する防食技術を実用化する。表面処理が難しいステンレス配管・容器等の溶接部内外面に防食施工を行うことができる可搬型処理装置を開発するとともに、IoT・AI活用データベースに基づく防食施工管理システムを開発する

実用化・事業化の状況

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社アサヒメッキ
事業管理機関 公益財団法人鳥取県産業振興機構

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社アサヒメッキ(法人番号:5270001000034)
本社所在地 鳥取県