文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 透明パネル積層技術を用いた医療用臓器モデル立体ディスプレイの開発!

デザイン開発

透明パネル積層技術を用いた医療用臓器モデル立体ディスプレイの開発!

静岡県

株式会社テイデック

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 透明パネル積層技術を用いた医療用臓器モデル立体ディスプレイの開発
基盤技術分野 デザイン開発
事業化状況 研究実施中
事業実施年度 令和1年度~

プロジェクトの詳細

事業概要

高透明度ディスプレイを重ね合わせた立体ディスプレイを開発し、臓器などの断層画像から生成する3次元モデルがまるで眼前のテーブルの上にあるかのように表示できる世の中にない全く新しい画期的な簡易ホログラムディスプレイを実現する。これにより臓器形状や血管走行が実物のように視認することができ、術前準備の時間短縮、術中のミスや手術の手戻りを減少させ、医療現場の問題を解決することができる

実用化・事業化の状況

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社テイデック
事業管理機関 公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社テイデック(法人番号:5040001029781)
本社所在地 静岡県