文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 抜型に起因する、ボール製造工場の現場製造ラインの一時的なトラブルを防ぐ切刃と金型刃のハイブリッド抜型

精密加工

抜型に起因する、ボール製造工場の現場製造ラインの一時的なトラブルを防ぐ切刃と金型刃のハイブリッド抜型

岐阜県

有限会社シバ金型

2022年1月28日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 液圧を活用した、三次元形状パイプの芯金レス穴加工用金型技術の開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 印刷・情報記録
事業化状況 実用化に成功し事業化に向けて取り組み中
事業実施年度 平成25年度~平成27年度

プロジェクトの詳細

事業概要

自動車部品として用いられる金属製パイプは、剛性が強いことから利用価値が高く、特に、三次元形状パイプに対する穴加工の需要は増加している。しかし、プレスによる穴加工の場合、ダイ(芯金)の挿入が困難なことから、加工できないのが実態である。本研究開発では、液圧を活用して穴加工時に発生する歪み、かえり等の除去を図りながら、汎用プレスによる穴加工を可能とする金型の研究開発を行うものである

開発した技術のポイント

長寿命で、一回で複数の穴加工をダイレス(芯金不要)でバリや歪がなく精度を維持するための加工技術の確立

(新技術)
一回で複数の穴加工の精度を維持する加工技術

(新技術の特徴)
高生産効率、コスト低減短納期、高精度(バリレス)

具体的な成果

・パイプ穴加工精度について、1つの穴加工に対しては十分高いと実証できた
・今後開発が必要と思われる課題としては、複数の穴加工に対応可能な高精度な金型構造とその設計指針の確立であろう
・パイプにあける穴ピッチの精度についても、現在のところ限られたデータから検証しているが、パイプ自体も液圧によって変形するため、この変形がピッチにどのような影響を及ぼすかという点を確認しておく必要があると考えている
・これまでのショット数についても、金型開発が目的であるが、連続加工はトライしていないため、今後ショット数を増やして検討を進める必要もあり、摩耗試験や上記の疲労寿命向上に対する開発した金型の有効性の結果では、1パンチあたりのコストは十分クリアしていることを確認した

研究開発成果の利用シーン

・ハイブリッド抜型及びその周辺副資材の開発により、高精度・高耐久性の抜型技術
・アンビルカバー
・ロータリーダイカッティングで曖昧にされてきた現象の数値化及び可視化

実用化・事業化の状況

製品・サービスのPRポイント

・金型部分の切刃は一体となっているため、切刃の安定性良い
・マシニングセンタによる削り出しのため、刃の継ぎ目がなく、継ぎ目不良がしにくい
・刃先の深さが自由設定となるため、切断面のビビリが発生しにくい
・高速回転生産でも耐久性を維持できる

今後の実用化・事業化の見通し

・販売面においては、既に取引先である国内大手段ボールメーカをはじめ、中小規模ボックスメーカまで地域を問わず、全国の既存取引業者を中心としたネットワークを活用し、あわせて事業管理機関である群馬県産業支援機構主催の展示商談会も積極的に活用し、全国販売へと繋げていく
・ハイブリッド抜型とウレタンアンビルカバー共に世界市場での競争力があり、国内展示会にはもちろん、世界最先端技術展示会やアジア最大規模段ボール産業展示会への出展も想定し、海外市場へのPR活動を推進する

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 有限会社シバ金型
事業管理機関 公益財団法人岐阜県研究開発財団
研究等実施機関 国立大学法人岐阜大学
岐阜県産業技術総合センター
名古屋市工業研究所

サポイン事業者 企業情報

企業名 有限会社シバ金型
本社所在地 〒509-0103 岐阜県各務原市各務東町二丁目206番地の2