文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 自動寸法調整機能を具備するフレキシブル金型技術の確立で、大型駆動用モーターハウジングの安価での提供が実現!

精密加工

自動寸法調整機能を具備するフレキシブル金型技術の確立で、大型駆動用モーターハウジングの安価での提供が実現!

愛知県

久野金属工業株式会社

2021年2月19日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 厚板高張力鋼板の精密プレス加工を実現する、自動寸法調整機能を具備するフレキシブル金型技術の研究開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 自動車、農業、産業機械、建築物・構造物、工作機械
事業化状況 実用化に成功し事業化間近
事業実施年度 平成24年度~平成26年度

プロジェクトの詳細

事業概要

自動車産業においては、部品の高剛性化、重量軽減の観点から、厚板高張力鋼板の成形技術確立がニーズとしてあるが、厚板素材はバラツキ誤差が大きいことから、精度維持が困難であるとともに、金型の摩耗が大きいという課題がある。そのため、本研究開発では、板材の変動に対応して、型内径が変化することで成形型とポンチ間のクリアランスを自己調整する弾性体構造を有するフレキシブル金型の開発を行うものである

開発した技術のポイント

ロットごとにバラツキのある厚板高張力鋼板に対して、板厚変動を自動的に吸収する自動寸法調整機構を有する金型の研究開発を通じて、高精密・高精度な大型モーターハウジングのプレス加工技術の確立を図ることで、川下事業者のニーズである低コスト化や短納期化へ対応する

(新技術)
大型モーターハウジングの製造に、厚板高張力鋼板を母材としたプレス成形用金型を利用する

(新技術の特徴)
従来品に比して同様の精度を保ちながら、生産性の向上と低コスト化を実現できる

具体的な成果

・自動寸法調整機構の変形解析及び自動寸法調整ダイの最適化
・自動寸法調整機構を具備する金型設計・加工技術の確立
・自動寸法調整機構の評価(金型及び成形品の評価)
・板厚バラツキを持った厚板ハイテン材製品の内径の高精度成形技術の確立

研究開発成果の利用シーン

板厚変動を自動的に吸収する自動寸法調整機構を有する金型

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

自動車メーカー1社、Tier1メーカー2社から見積り依頼や試作依頼を受けることができた

製品・サービスのPRポイント

・大型駆動用モーターハウジングの市場競争力強化が実現
‐自動寸法調整機構を有する金型を大型駆動用モーターハウジングの生産に用いることで、低コスト生産が可能になる
‐従来と同じ品質の大型駆動用モーターハウジングを安価で提供できるようになるため、市場競争力強化が実現する
・大型駆動用モーターハウジングの生産性向上を通じた売上増加に寄与
‐自動寸法調整機構を有する金型を大型駆動用モーターハウジングの生産に用いることで、大型駆動用モーターハウジングの生産性向上が可能になる
‐販売における機会損失発生が抑えられるため、売上増加に寄与する

今後の実用化・事業化の見通し

・サポイン事業における研究の成果を生かし既に自動車メーカーからの試作受注を行っているが、試作を通じて顧客でのテストを引き続き行い、量産化を目指す
・サポイン事業で開発した技術の他部品への水平展開を検討する
・展示会でも研究の成果をPRする予定である

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 久野金属工業株式会社
事業管理機関 国立大学法人岐阜大学
研究等実施機関 国立大学法人岐阜大学
名古屋市工業研究所

サポイン事業者 企業情報

企業名 久野金属工業株式会社
事業内容 自動車用及び産業用プレス部品の金型製作からプレス加工、溶接組立までの一貫生産
本社所在地 〒479-0002 愛知県常滑市久米字池田174番地
ホームページ http://www.kunokin.com/
連絡先窓口 本社営業部
メールアドレス eigyo5@kunokin.com
電話番号 0569-43-8801