文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. アルミテーパハンドルの開発・製造・販売

精密加工

アルミテーパハンドルの開発・製造・販売

静岡県

鈴覚株式会社

2020年4月14日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 アルミ難加工材・テーパー管の一体成形加工技術の開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 自動車、産業機械
産業分野でのニーズ対応 高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(小型化・軽量化)、低コスト化、デザイン性・意匠性の向上
キーワード アルミハンドル、テーパハンドル、スウェージング
事業化状況 事業化に成功し継続的な取引が続いている
事業実施年度 平成27年度~平成29年度

プロジェクトの詳細

事業概要

高強度のアルミ・テーパ管の一貫生産ラインを構築し、二輪車や四輪車の軽量・高機能化に資する加工技術を開発する。新技術では塑性加工と熱処理工程を組み合わせて、最も加工し易い状態で曲げ加工に入る事、加工状態に応じた最適なコントロールが可能なベンダーを開発する事等で、多品種少量、フレキシブル生産に低コストで対応可能なアルミ難加工材・テーパ管の一体成形加工技術を確立する

開発した技術のポイント

二輪車のアルミテーパハンドル製造に係る「材料」と「形状」の「二つの難加工性」を3つの新技術で克服し、「軽量化」「多品種少量・フレキシブル生産」を「低コスト」で実現する

(新技術)
・熱処理と加工の一貫生産ライン
・温度の均一性に優れた連続炉
・インテリジェントベンダー
・曲げ加工の解析技術

(新技術のポイント)
・一番曲げ易い状態での曲げ加工
・ロット生産によるばらつき排除
・ロット内、ロット間の材料硬度変化に対応

具体的な成果

・熱処理+塑性加工の一貫加工ラインの開発
‐1ヶ流し連続炉とベンダーを組み合わせ、7000系の高強度アルミ管曲げ加工の高品質、低コスト、短納期化を実現

・曲げ加工の高度化
‐全電動型ベンダーと非接触形状測定器を組み合わせたベンダーのインテリジェント化により、材料ばらつきヘの対応、偏平/曲げキズの低減、段取り時間短縮等を実現

・曲げ解析技術の確立
‐アルミ‐テーパ管の引き曲げプロセスの有限要素解析により偏平や断面、スプリングバック等の解析技術を確立し、実業務の効率化を支援出来る様になった

高速加熱アルミ熱処理装置
インテリジェントベンダー
知財出願や広報活動等の状況

特願2016-173424 焼き入れ用冷却装置および熱処理装置

研究開発成果の利用シーン

・自動二輪車、自転車のハンドルバー
・高強度アルミ管やテーパ管の曲げ加工

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

自動二輪車メーカー2社の量産モデルにアルミテーパハンドルが採用され、2020年よりサポイン設備を本格的に量産に使用する見込み

ALハンドル黒
ALハンドルシルバー
提携可能な製品・サービス内容

素材・部品製造、製品製造

製品・サービスのPRポイント

・高強度アルミ・テーパ管の量産曲げ加工技術を確立
‐高強度アルミ管の曲げ加工
‐テーパ管の曲げ加工

・多品種少量・フレキシブル生産に対応

・日本国内製造であり、川下メーカーの要望へのきめ細かでタイムリーな対応が可能

今後の実用化・事業化の見通し
ALハンドルカラー

・川下メーカーと連携しながら車両との適合性を高め、量産モデルの拡大・拡販を目指す
・アフターマーケット向けのアルミテーパハンドルの供給を開始する

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 鈴覚株式会社 製造部生産技術課
事業管理機関 公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構
研究等実施機関 国立大学法人静岡大学 大学院教授 早川邦夫工学博士
アドバイザー 浜松工業技術支援センター
ヤマハ発動機株式会社材料技術部
千代田工業株式会社

サポイン事業者 企業情報

企業名 鈴覚株式会社(法人番号:1080401002537)
事業内容 素材加工、部品加工、梱包資材加工、鋼材販売
社員数 180 名
生産拠点 日本(静岡県浜松市)、アメリカ合衆国(アトランタ)、ベトナム(ハノイ近郊)
本社所在地 〒430-0842 静岡県浜松市南区大柳町727番地
ホームページ http://suzukaku.co.jp/
連絡先窓口 代表取締役社長 鈴木格徳
メールアドレス somu@suzukaku.co.jp
電話番号 053-427-0111