文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. バス業界の『軽量化』に対応するCFRP(炭素繊維強化プラスチック)材による量産車の部品製造

立体造形

バス業界の『軽量化』に対応するCFRP(炭素繊維強化プラスチック)材による量産車の部品製造

愛媛県

ヤマセイ株式会社

2020年4月12日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 低コストと超軽量化を同時に実現するCFRP(炭素繊維強化プラスチック)製バス部品の開発
基盤技術分野 立体造形
対象となる産業分野 自動車、産業機械
産業分野でのニーズ対応 高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、高効率化(工程短縮)、低コスト化
キーワード 軽量化、工程短縮、低コスト化
事業化状況 実用化に成功し事業化に向けて取り組み中
事業実施年度 平成25年度~平成27年度

プロジェクトの詳細

事業概要

自動車業界では環境問題と燃費向上を背景に車体の軽量化が要望され、バス業界からも強いニーズがある。現状、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)は材料のコスト高のため、汎用の自動車部品に広く採用されるには至ってない。そこで、CFRPの高強度特性を活かし、部品点数を大幅に削減、製造工法を抜本的に革新し、金型数・検査治具数を大幅に削減する。これら製造プロセスの革新により、材料コスト高を吸収した超軽量バス部品を開発する

開発した技術のポイント

CFRP製バス部品に対して、「低コスト」「軽量化」のニーズを同時に満たす製造プロセス
(新技術)
・量産車の部品(CFRP製)
・プレス成形技術、プラスチック射出成形技術、自動化装置製造技術を組み合わせた技術を開発する
(新技術の特徴)
CFRPを採用した自動車部品構造とその製造プロセスの革新を実現

具体的な成果

・耐熱性に対応した最適CFRP材及びその成形方法の選定
・一体成形のための製品設計
・最適CFRP材での量産を実現する金型製造技術の開発
・量産化のための自動化装置の開発
・代替時におけるコストシミュレーション手法の確立

研究開発成果の利用シーン

材料コスト高を克服する自動車産業・バス産業をはじめとした輸送機器産業用CFRP部品構造とその製造プロセス

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

事業化に向けて取組み中であり、バス製造メーカーのティアワン企業等に提案活動を続けている

提携可能な製品・サービス内容

設計・製作

製品・サービスのPRポイント

・プレス成形技術、プラスチック射出成形技術と自動車部品量産技術、量産には欠かすことのできない自動化装置製造技術を掛けあわせ、低コストで高性能な部品を提供する

今後の実用化・事業化の見通し

・高温状態における剛性または耐候性など、一般的には公開されていないCFRPの特性情報、金型の温度制御に関する知見を得た
・それらを基にCFRP製部品をバスメーカー及びティアワン企業等へ提案した結果、好意的な評価を得ている
・バスメーカーより提案した部位以外への適用検討を依頼されたこと、トラックメーカーからも鋼板からCFRPへの代替検討依頼を受け、CFRP製品については、今後の素材として高いニーズがある
・本事業で得た成果を基に、更に高度な生産技術を確立し、それを基に量産技術に昇華させ、合わせて、その技術にて生産する部品の品質向上とコストダウンを両立させていく

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 ヤマセイ株式会社
事業管理機関 公益財団法人えひめ産業振興財団
研究等実施機関 ビューテック株式会社
株式会社尼﨑工作所
国立大学法人愛媛大学
愛媛県産業技術研究所

サポイン事業者 企業情報

企業名 ヤマセイ株式会社(法人番号:1500001016670)
事業内容 プレス金型・樹脂金型の設計、製作及び自動車部品等の製造
社員数 150 名
本社所在地 〒790-0036 愛媛県松山市小栗5-31-1
ホームページ http://www.v-yamasei.co.jp
連絡先窓口 経営管理部管理課 中岡三定
メールアドレス nakaoka@v-yamasei.co.jp
電話番号 089-931-2251