文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 汎用プレス機を用いて成形された複雑形状部品により、高い機能を部品に求める市場への提案を通じた用途拡大に貢献!

精密加工

汎用プレス機を用いて成形された複雑形状部品により、高い機能を部品に求める市場への提案を通じた用途拡大に貢献!

滋賀県

日伸工業株式会社

2022年1月28日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 高機能化複雑形状加工に対応可能な汎用プレス機を用いた精密3次元形状プレス複合化技術の開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 自動車、ロボット、産業機械、スマート家電
産業分野でのニーズ対応 高性能化(耐久性向上)、高性能化(信頼性・安全性向上)、高効率化(工程短縮)、高効率化(生産性増加)、低コスト化
キーワード 精密冷間鍛造、リチウムイオン電池用端子部品、線材加工、低コスト、一体化形状
事業化状況 事業化に成功し継続的な取引が続いている
事業実施年度 平成24年度~平成26年度

プロジェクトの詳細

事業概要

次世代自動車の環境対応技術は電動化を中心に各部品の高機能化、低コスト化のニーズが激化している。本研究開発では汎用プレス機を用いて精密冷間鍛造技術と金属プレス加工技術の融合による、非軸対称多段ボスなどの複雑形状に対応可能な精密3次元形状を創成するプレス複合化技術を開発する。本成果を活用し、次世代自動車のキー部品として高精度・高品質・高耐久性が要求される、画期的なリチウムイオン電池用端子部品から順次、事業化する

開発した技術のポイント

汎用プレス機を用いて精密冷間鍛造技術と金属プレス加工技術の融合による、非軸対称多段ボスなどの複雑形状に対応可能な精密3次元形状を創成するプレス複合化技術を開発する
(新技術)
複雑形状加工を要する部品を、汎用プレス機を用いて成形する
(新技術の特徴)
複雑形状加工を要する部品の一体成形が可能になり、成形される部品の高機能化、低コスト化が可能になる

具体的な成果

・汎用プレス機による精密3次元形状(非軸対称)を創成するためのプレス複合化工法の開発
-精密3次元形状(非軸対称)を創成するプレス複合化に向けた要素技術、プレス複合化による精密3次元形状(非軸対称)プレス技術の開発等を行った
・CAE解析による金型及び加工プロセスの最適化
・トランスファー装置による高効率搬送技術の開発
・インライン検査技術の開発

車載向けリチウムイオン電池用端子部品
開発金型による製品サンプル
研究開発成果の利用シーン

・汎用プレス機を用いて成形された、複雑形状部品
・小物精密板鍛造部品

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

・インライン検査により合否判定が可能な寸法評価システムを用いて、寸法測定の公差が高さ±0.1mm、幅±0.05mmとなる寸法評価が可能となった
・本研究開発の派生技術を利用し、事業化に

提携可能な製品・サービス内容

製品製造

製品・サービスのPRポイント

・より高い機能を部品に求める市場への提案に向けた用途拡大が可能
-開発したプレス複合化技術は、複雑形状加工を要する部品の一体成形が可能なため、複数点の部品の組み立てにより成形された部品に比べ、高い機能を持つ部品の成形が可能になる
-次世代自動車のバッテリー等、より高い機能を部品に求める市場への提案が可能になるため、用途拡大が可能になる
・生産コストの削減による価格競争力強化に寄与
-複雑形状加工を要する部品の一体成形が可能になるため、部品を組み立てる工程が削減でき、組み立てに要していた設備費や人件費を削減できる
-複雑形状加工を要する部品の生産コスト削減を通じて、価格競争力強化に寄与する

CAE解析による金型形状の検討例
連続生産確認用金型
今後の実用化・事業化の見通し

・サポイン事業で開発した技術を、コンバータ内におけるバスバー部品等異形状または複雑形状に展開するため、技術の高度化等を進める
・開発対象部品のプレス加工化技術を確立したうえで、プレス加工化が可能な他分野の製品へ技術展開を行うことで販路拡大を目指す

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 日伸工業株式会社
事業管理機関 公益財団法人滋賀県産業支援プラザ
研究等実施機関 株式会社オンワード技研
滋賀県工業技術総合センター
アドバイザー テクノオフィス凛 中野隆志

サポイン事業者 企業情報

企業名 日伸工業株式会社(法人番号:2220001012747)
事業内容 精密プレス部品の製造及び組立、精密プレス金型の設計・製作
社員数 294 名
生産拠点 国内拠点:滋賀県大津市(本社)、栃木県宇都宮市、岐阜県大垣市海外拠点:アメリカ オハイオ、中国 北京、中国 上海、中国 南通、シンガポール、インドネシア
本社所在地 〒520-2152 滋賀県大津市月輪一丁目1番1号
ホームページ http://www.nissinjpn.co.jp/
連絡先窓口 技術部技術課 馬場 保
メールアドレス tmbanba@nissinjpn.co.jp
電話番号 077-543-2467