文字サイズ
標準
色の変更

サポイン好事例を探す

  1. トップ
  2. サポイン好事例検索
  3. 研究開発の実現可能性を見極め、着地点を意図的に設定して、市場へ出すまでの時間軸を短縮する

研究開発の実現可能性を見極め、着地点を意図的に設定して、市場へ出すまでの時間軸を短縮する

寿金属工業株式会社代表取締役社長    久保 忠継氏(写真中央)
          開発技術室 室長  谷川 昌司氏(写真左)、主任研究員 原田 雅行氏(写真右)

業界全体の課題解決を目指して、既存の研究開発を発展させサポイン事業に着手

研究開発の全体像を教えてください

金型の変形等によりダイカスト鋳造品の歪みはバリ発生が生じ、後工程の歪み修正、バリ処理が手間であることが指摘されている。金型の寸法が一様ではないため微妙に鋳造品寸法が異なり、自動化に置き換えづらい。そのため、後工程で手作業が必要になるのだが、ダイカストは単純な板形状ではなく、三次元で金型も一様ではないため、人間の頭ではソートしきれない。よってシミュレーション技術を開発した経緯がある。
前述したダイカスト鋳造品の歪みあるいはバリ発生は、従来の経験と勘だけでは対策ができず、過去からずっと続いている問題である。歪みや変形の因子を明確にすれば、当社だけでなく鋳造業界全体に有益となる。また、このような科学的知識を得ることは海外との競争力維持にもなる。よって、大学、公設試、東海精機株式会社(以下、東海精機)というダイカストの有力企業の協力を得て、プロジェクト立ち上げの早期化とシミュレーション技術の開発を行った。

サポイン事業の終了時期が当初想定していたよりも早く、終了を意図的に早めたようにも見受けられます

以前からの懸案事項であった“ダイカスト鋳造後のバリ取り等の後工程の低コスト化”について、東海精機と研究開発を進めていた。東海精機も当社も、後工程の低コスト化に関しての目途が予定よりも早めに立ったため、先行してサポイン事業を切り上げ、事業化の道を選択した

社内全体で協力しやすい環境を作って研究開発を実施

社内体制として、今までの方法ではなく社内横断的な組織を作ったといったことはあったのでしょうか

社内横断的な組織は特に作らなかったが、社外との窓口業務が多く発生していたため、研究開発の目標や進捗を社内で共有し、社内全員が把握することを一番気にかけていた。また、実験については社内の協力を仰いだ。
サポイン事業の目標は実用化・事業化であるため、営業部門と開発部門、生産部門が一体となって進める必要があった。今までは開発に重点を置き、ある程度開発の目途が立ったら生産の現場と一緒に作業するというプロセスを取っており、生産と開発は別の組織という位置付けであった。しかし、今回は開発から生産、営業まで一気通貫にすることが必要だと考えた。
社内の力だけでは研究開発面で弱い部分が多々あったので、外部の力を借りたことがやはり大きい。社長の理解もあり、社内にいるよりも社外と打ち合わせで回っている時間の方が長かったように感じる。
社外の方々とコミュニケーションを密に取り、サポイン事業が終了する頃には強固な信頼関係を構築することができた。

市場に早く出すことを見据えて、実現可能性が高いゴールを設定

高度化に資する高い目標を設定することもできた一方、研究開発の押さえるべきポイントをあらかじめ踏まえ、あえて実現可能なところに着地点を設定したのでしょうか

複雑形状については現在でもまだ十分な解明ができておらず、谷川室長が先頭となって研究開発を継続しているのが現状である。今から考えると、最初から三次元の複雑形状も全て視野に入れて研究開発を行っていたら、研究開発には大きな問題も発生していただろう。
企業である以上、製品を世に出すことができなければしょうがないので、理想的には複雑形状の製品を出すことが挙げられるが、まずは製品を世に出すことを重視して研究開発を進めた。

研究開発を開始された当初から、研究開発の目標や着地点を明確にし、サポイン事業を既存の研究の事業化のためのアクセルとして活用されたのですね

顧客の獲得や市場拡大は、可能であれば程度に考えていた。従来の客先からのニーズが非常に強く、研究開発を進める上ではまずその客先のニーズに応える技術を開発しないと意味がないと考えた。今回開発した技術については、客先から日本鋳造工学会等の外部への発表などを快諾してもらい学会で発表した。今後はこの技術を用いて、新しい市場を開拓したいと考えている。

培ってきたネットワークを活用して、研究開発上の問題点に対処

サポイン事業の研究開発期間は、抜本的に方向性を見直すような問題は発生しなかったとのことですが、今改めて振りかえって、研究開発のプロセスで大きな問題が発生しなかったのには何か工夫があったのでしょうか

そり変形の予測結果

振り返って大きな問題が発生しなかったと言えるのは、結果的にその問題を乗り越えることができたからそのように感じるのではないだろうか。
研究開発中の場面では途方に暮れたこともあったが、研究開発の体制が良かったように思う。東海精機とはサポイン事業が開始する以前から付き合いがあった。また、岐阜大学や名古屋市工業研究所の先生方とも10年以上の付き合いがあり、研究開発の中で問題が発生したときに具体的なアイディアや知恵を借りることができた。また、学会でお世話になった東北大学の先生からアドバイスをいただけたことも非常に大きかった。

相談できる相手がもともといるような体制を組むケースがある一方で、問題が発生してから初めて相談できる相手を探し始めるようなケースもあるかと思われますが、サポイン事業が採択されてから始まった付き合いはありますか

鋳造シミュレーションの段階で、鋳造構造物について専門の方を紹介していただいたことがあった。名古屋市工業研究所の方とは、もともと別のテーマで一緒に研究開発を行っていたのだが、その方から名古屋市工業研究所の中で他に専門の方を紹介していただいたこともあった。様々な方面の方から知り合いの方を紹介していただいたことが大きい。

積極的な情報発信を活用して、更なる機会を創出

プロジェクトの成果も広く発信されておられるようですね

学会発表が8回、学術論文でも2回程度発表している。専門誌記事も合わせるともっと多くの報告や発表を行っており、周囲の評価も高い。
学会では質疑応答も非常に活発に交わされ、研究開発の成果に興味を持っていただいていると感じる。
また、素形材センターから谷川室長に対して、鋳造業界が抱えている問題や事例発表の依頼が来ている。そういった意味で業界全体が切実に抱えている問題に対処している。

事業化に対する積極的な取組みを継続し国内市場を軌道に

サポイン事業終了後、具体的にはどのような引き合いがありましたか

日本鋳造工学会や日本ダイカスト協会での事例報告、また他にも講演会や積極的な営業を行った結果、東海精機も含めてこの技術の更なる高度化が要望されており、尽力しているところである。

今後の事業の見通しについてお聞かせください

研究開発成果の海外展開については、現在タイに工場があるが、サポイン事業の研究成果を海外にすぐに持って行こうとは考えていない。客先からコスト低減のための技術を要求されたため、そのための研究開発を行った。
まずは、自動車市場が縮小したことによってコスト競争が熾烈になっている国内で研究開発結果を事業化し、他社に勝らなければいけない。そういった意味で、まだまだ国内で生き残っていくための技術開発が必要である。海外では、まだ市場が拡大傾向にあるということも視野に入れており、国内市場が軌道に乗った後に海外展開を行う構想である。
事業化はまだこれからである。客先の調達部門のトップに当社の開発した技術を見ていただき、今後のコスト削減や技術発展に寄与することを分かっていただけたことで、今後の鋳造業界での生き残りには効果があったと考えている。初めから高い目標を達成できる可能性があることを示せたとしても、これが実用化で止まってしまい事業化ができずにいると、客先としては製品が出なかったのと同じである。そうなると、高い目標を置いて研究をしたことが逆効果になってしまう。
何が何でも事業化に向けて低コストを実現するというアピールを継続していく。

周囲からの評価の向上や社員のモチベーションの向上への波及効果

サポイン事業の研究開発成果や構築したネットワークは、他の事業への波及効果はありましたか

直接的にあったのは、サポイン事業での成果を踏まえて周囲から当社に対する評価が高まったことだと思う。
別のサポイン事業のメンバーとして声をかけていただくことや、学会等で発表する機会が増えた。学会発表はもともとやってはいたもののサポイン事業終了後はその数が増え、若手の目つきが変わったようにも思われる。当社だけでは学術的な部分に不十分なところがあるが、学会発表により先生方に興味を持っていただき、共同研究の話をいただけることもある。
当社で100点中60点程度まで持って行き、後は先生方の力を借りて揉んでいただき100点に近づける。また、以前は谷川室長が前面に立って発表していたが、若い社員に任せることで彼らのモチベーションを上げることができる。社外の方からの厳しい意見や状況に対応していくことで、モチベーションや積極性が磨かれていく。

サポイン事業を効果的に利用する上でのメッセージ、アドバイス

最後に、今後サポイン事業に応募を検討される方や、現在実施されている方にメッセージをお願いいたします

お伝えしたいことは二つある。
一つは、今回当社は研究開発のターゲットを手が届きそうな部品形状に定めて実施したが、時にはターゲットの取捨選択が重要である。実現が理想的であっても、そこに時間がかかってしまって市場に出ないのでは意味がないように思われる。
もう一つは、ネットワークの構築である。当社は、10年以上前から学会に出向き協力者とのネットワークを構築していた。そこで信頼関係が成り立つと、いずれは研究開発を一緒に行う機会に巡り合えるかもしれない。
日頃からネットワークの構築のような活動がなく、突然共同で研究開発を行うことは困難ではなかろうか。
今回の研究では、基礎的な研究を推し進めるためだけではなく、市場に製品や技術を出すためのアクセルとして、サポイン事業を活用することができた。まずは自分たちの立ち位置を踏まえて、実現可能性が高く、顧客のニーズにも合うような、身の丈に合った目標設定が重要だと思われる。

サポイン技術情報
プロジェクト名:
鋳放し高精度を有するアルミニウム合金ダイカスト鋳造品の生産技術の開発・確立
事業実施年度:
平成22年度~平成24年度
研究開発の目的:
アルミニウム合金ダイカスト鋳造品の高機能化、軽量化、コスト低減を可能とするための、鋳放し高精度を有する(機械加工を必要としない)アルミニウム合金ダイカスト鋳造品の生技術の開発・確立
事業化の状況:
サポイン事業終了時点では実用化間近の状況
研究成果は、比較的簡単な板状のダイカスト鋳造品に対して有効に活用できることから、今後は従来から受注している汎用部品の低コスト化等により、まずは業界での優位性を得ることを考えている