文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 海外展開を見据えた世界初の高濃度排水処理(EGSB法)用グラニュール量産システムの開発!

バイオ

海外展開を見据えた世界初の高濃度排水処理(EGSB法)用グラニュール量産システムの開発!

徳島県

株式会社愛研化工機

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 海外展開を見据えた世界初の高濃度排水処理(EGSB法)用グラニュール量産システムの開発
基盤技術分野 バイオ
事業化状況 研究実施中
事業実施年度 令和1年度~

プロジェクトの詳細

事業概要

高負荷・高効率型排水処理法であるEGSB法等の普及に向けて最大の課題であるグラニュールの大量培養・貯蔵技術を世界で初めて開発する。同処理法の運転管理実績をもとに生成率の高い標準型グラニュールの菌相を次世代シーケンサーにより決定し、それを品質基準や生成最適化指標として利用し、大量培養技術を開発する。更に長期保存による減量を最小化する貯蔵法を開発し、国内外での需要変動に対応可能な供給体制を確立する

実用化・事業化の状況

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社愛研化工機
事業管理機関 一般財団法人四国産業・技術振興センター

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社愛研化工機(法人番号:5500001005505)
本社所在地 徳島県