文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 低コスト・高剛性MMCの製造技術の開発により、生産コスト削減・新たな顧客開拓が可能に!

立体造形

低コスト・高剛性MMCの製造技術の開発により、生産コスト削減・新たな顧客開拓が可能に!

東京都

日本ファインセラミックス株式会社

2020年3月20日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 新鋳造法による低コスト・高剛性MMC製造技術の開発
基盤技術分野 立体造形
対象となる産業分野 自動車、産業機械、半導体、工作機械
事業化状況 実用化に成功し事業化に向けて取り組み中
事業実施年度 平成24年度~平成26年度

プロジェクトの詳細

事業概要

鋳造法によって製造されるMMC(金属基複合体)は、その製造方法からセラミックス含有率を高められない欠点があり、高剛性、軽量等高機能で安価な材料を実現できていなかった。従来不可能であったセラミックス高含有率MMCを安価に製造する新鋳造法を開発して、電子部品チップマウンタや高速プレス機等工作機械製造業者が求める高速化に必須な材料を提供し、我が国の工作機械産業の国際競争力強化に貢献する

開発した技術のポイント

セラミックス高含有MMCを安価に製造する新鋳造法を開発する
(新技術)
セラミックス高含有率MMCを安価に製造する新鋳造法を開発する
(新技術の特徴)
高剛性かつ軽量なMMCの供給が可能となった

具体的な成果

・高流動性MMC溶湯の開発
‐MMCインゴットの生成、MMC溶湯の生成を行った
‐溶湯組成と溶湯流動性の相関解析を行った
‐MMCの微細組織と物性の相関解析を行った
・新鋳造法に最適な鋳型の開発
‐砂型の開発、耐火物型の開発を行った
・溶湯の流動性を向上させる鋳造法の開発
‐鋳造補助装置の確立、MMCの物性評価を行った
・製造プロセスの評価
‐製造原価の評価を行った

研究開発成果の利用シーン

・セラミックス高含有率MMC
・セラミックス高含有率MMCを安価に製造する鋳造方法を活用した鋳造サービス

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

・販売促進体制が不十分であり、販売促進を強化する必要があることが明らかとなった
・顧客への試作品提出を行い、販売促進活動を開始した

製品・サービスのPRポイント

セラミック高含有MMCの製造技術の開発により、生産コスト低減・新たな顧客開拓に貢献
・工作機械を作る川下産業は低コスト・省エネルギーで高速かつ高精度に位置決めする技術を求めており、高剛性かつ軽量なMMCが要望されている
・しかし、従来の製造方法ではセラミックス含有率を高められない欠点があり実現できていなかった
・そこで、セラミックス高含有率MMCを安価に製造する新鋳造法を開発した
・これにより、高剛性かつ軽量なMMCの開発が可能となり、生産コスト削減および新たな顧客開拓が可能となった

今後の実用化・事業化の見通し

日本ファインセラミックス株式会社および株式会社水沢軽合金鋳造所が協力して、販売促進を行う予定である

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社水沢軽合金鋳造所
事業管理機関 株式会社インテリジェント・コスモス研究機構
研究等実施機関 日本ファインセラミックス株式会社
国立大学法人岩手大学

サポイン事業者 企業情報

企業名 日本ファインセラミックス株式会社
事業内容 ファインセラミックスおよびセラミックス複合材料の製造販売
本社所在地 〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町三丁目5番地8号 神田木原ビル6階
ホームページ http://www.japan-fc.co.jp/
連絡先窓口 営業統括本部営業部 大藤善章
メールアドレス ofuji@japan-fc.co.jp
電話番号 03-5297-1321