文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 深絞り製品に対して、バルジ成形技術、増肉成形技術の一体化を実現する複合金型システムの研究開発

精密加工

深絞り製品に対して、バルジ成形技術、増肉成形技術の一体化を実現する複合金型システムの研究開発

岐阜県

株式会社加藤製作所

2022年1月28日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 深絞り製品に対して、バルジ成形技術、増肉成形技術の一体化を実現する複合金型システムの研究開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 自動車
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)、高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(小型化・軽量化)、高性能化(精度向上)、環境配慮、低コスト化
キーワード ネットシェイプ、板鍛造、軽量化
事業化状況 実用化に成功し事業化間近
事業実施年度 平成27年度~平成30年度

プロジェクトの詳細

事業概要

自動車産業では、電気自動車や燃料電池自動車の開発とともに、低排出ガス、低燃費エンジンの改良が加速している。本事業は、その「直噴エンジン用高圧燃料ホース継手」の効率的加工技術の提案で、自動車分野における高度化目標(複雑三次元形状の一体加工技術)に対応するものである。具体的には、標記の「複合金型システム」を構築し、耐圧・耐食性に優れ高付加価値なステンレス製高圧燃料ホース継手のプレス加工技術を確立する

開発した技術のポイント

本研究開発では、「バルジ成形」「増肉成形」を組み合わせた「複合絞り加工」を実現する複合金型システムの確立を目標

(新技術)
プレスによる一体成形加工(バルジ成形、増肉成形を組み合わせた複合絞り成形)

(新技術のポイント)
・プレス工程で複合加工が完結し、生産性向上
・塑性加工のため、メタルフローが連続的。加工硬化による強度UP
・材料歩留の向上

具体的な成果

・複合金型システムの最適化
‐バルジ成形における増肉量を規定通りとするため、上パンチの軸押し荷重の適正化や、材料流れに及ぼすバルジ成形駒の幾何学的形状及び面摩擦の影響等を解析し、モデル金型システムを確立

・複数バルジ成形金型の確立
‐バルジ成形を可能とする複数バルジ成形用金型の設計・加工技術を確立

・「バルジ成形」「増肉成形」の「複合絞り加工」を実現
‐バルジ同時成形個数:3個達成
‐バルジ拡管率1.4達成

研究開発成果の利用シーン

・自動車用エンジン部品(継手)
・その他機械器具(住宅用機器・機械器具等)

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

展示会等に積極的に出展し、市場のニーズをとらえ、事業化に向けた取り組み中。

提携可能な製品・サービス内容

製品製造

製品・サービスのPRポイント

「複合絞り加工」を実現する複合金型システムを確立。燃料配管、冷却ホースなどに採用が可能。

今後の実用化・事業化の見通し

・自動車用の高圧燃料ホース継手等に対する販路拡大を目指す
・同技術を応用し、自動車以外の産業分野(住宅関連、家電関連)にも展開中

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社加藤製作所 開発部、技術部
事業管理機関 株式会社加藤製作所
国立大学法人岐阜大学
研究等実施機関 岐阜県工業技術研究所
名古屋市工業研究所

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社加藤製作所(法人番号:7180001047727)
事業内容 金型製造、金属プレス加工
社員数 88 名
生産拠点 岐阜県可児市(2拠点)、米国、韓国
本社所在地 〒509-0249 岐阜県可児市姫ヶ丘2丁目6番地
ホームページ http://www.ksj-group.com/
連絡先窓口 営業部長 正村崇英
メールアドレス takahide@ksjapan.co.jp
電話番号 0574-60-0006