文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 数リットルのペプチドライブラリーに対応した磁気ビーズを用いたファージディスプレイシステムの実現

バイオ

数リットルのペプチドライブラリーに対応した磁気ビーズを用いたファージディスプレイシステムの実現

長野県

多摩川精機株式会社

2020年3月19日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 磁気分離法による大容量ペプチドライブラリー対応自動ファージディスプレイ技術の開発
基盤技術分野 バイオ
対象となる産業分野 医療・健康・介護
産業分野でのニーズ対応 高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、高効率化(工程短縮)、高効率化(人件費削減)、高効率化(生産性増加)、低コスト化
キーワード ファージディスプレイ、ペプチド、磁気ビーズ、自動化、創薬
事業化状況 事業化に成功し継続的な取引が続いている
事業実施年度 平成27年度~平成29年度

プロジェクトの詳細

事業概要

ファージディスプレイ法は次世代ペプチド創薬の鍵となるスクリーニングシステムで、スクリーニング効率、取扱性の優れた装置の開発は医薬品業界の強いニーズである。本事業において、同手法を密閉された流路系と磁気分離法を用い、自動化し、取扱い性を向上させると共に、従来装置の汚染問題を解決し、さらに、ライブラリーの大容量化(従来の装置の1万倍)を実現する装置を開発する。よって、医薬品業界のニーズに応える。

開発した技術のポイント

10の13乗のペプチドライブラリー対応の1リットルスケールのファージディスプレイ自動化装置の完成

(新技術)
・濃縮工程を完全自動化密閉系流路に置き換えた
・FGビーズを使用する事で非特異的なファージの吸着を抑える

(新技術のポイント)
・自動化のために、FGビーズ用の磁気分離・分散機構を開発した
・人的作業の介在をなくした
・10の13乗種のライブラリーが扱える

プロジェクトの概要
ファージディスプレイ自動化装置外観
-磁気分離装置
具体的な成果
高磁気応答性FGビーズ

・10の13乗のペプチドライブラリー対応1リットルスケール自動化装置を完成した
・全工程密閉流路で処理を行うことにより、コンタミネーションを徹底的に排除できた
・トリマーオリゴ法を用いて10の13乗のペプチドライブラリーの作製を完了した
・従来のFGビーズの磁気分離時間を1/5まで短縮した高磁気応答性FGビーズを完成した

知財出願や広報活動等の状況

特許2件

研究開発成果の利用シーン

磁性ビーズと磁気分離機構を有した大容量ファージディスプレイ自動化装置により、1リットルスケールのペプチドライブラリーのスクリーニングが可能となる。

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細
磁性ビーズ製品外観

開発したビーズを大学や研究機関、製薬メーカーに販売している。

提携可能な製品・サービス内容

製品製造、共同研究・共同開発

製品・サービスのPRポイント
目標性能と開発成果

・従来法(100マイクロリットルスケール)の10,000倍である1リットルのライブラリーを出発物質として扱うことができる
・1リットル中の磁性微粒子を3分以内に回収し、3分以内に再分散することができる
・一連の濃縮工程を14時間以内に行うことができる

今後の実用化・事業化の見通し

・50ミリリットル、および1リットルスケール自動化装置に関しては、複数の製薬メーカーでの評価を重ね、早期に商品化を目指す
・本プロジェクトで開発した自動化装置や高磁気応答性FGビーズは、ファージディスプレイだけでなく、細胞培養からの抗体精製などにも使用する

実用化・事業化にあたっての課題

販路開拓

事業化に向けた提携や連携の希望

新薬開発を行っている製薬メーカーとのマッチング

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 多摩川精機株式会社 バイオトロニックス研究所
事業管理機関 よこはまティーエルオー株式会社
研究等実施機関 よこはまティーエルオー株式会社
国立研究開発法人産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門糖鎖技術研究グループ兼ペプチド創薬ラボ
国立大学法人新潟大学 工学部・電気電子工学科
アドバイザー 株式会社iLAC
Pharmaceuticals

サポイン事業者 企業情報

企業名 多摩川精機株式会社(法人番号:6100001022548)
事業内容 サーボコンポーネント・モータドライバ・コントローラ・ロボット・慣性計測装置・自動制御機器・(バイオ)研究用試薬の製造販売及び受託サービス
社員数 750 名
生産拠点 第一事業所(長野県飯田市)、第二事業所(長野県飯田市)、第三事業所(長野県松川町)、八戸事業所(青森県八戸市)、等
本社所在地 〒395-8515 長野県飯田市大休1879
ホームページ http://www.tamagawa-seiki.co.jp/
連絡先窓口 多摩川精機株式会社 第三事業所製造部 安野寛
メールアドレス hiroshi-yasuno@tamagawa-seiki.co.jp
電話番号 0265-21-0501