文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. Al-SiCp複合材板における鋳造後の薄板への加工工程数削減で、Al-SiCp複合材板を利用した製品の売上拡大に寄与!

立体造形

Al-SiCp複合材板における鋳造後の薄板への加工工程数削減で、Al-SiCp複合材板を利用した製品の売上拡大に寄与!

群馬県

株式会社秋葉ダイカスト工業所

2021年2月19日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 高速双ロール式縦型鋳造法による難加工性高機能薄板の革新的製造技術の確立
基盤技術分野 立体造形
対象となる産業分野 自動車、産業機械、情報通信、半導体、エレクトロニクス、光学機器
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)、高性能化(小型化・軽量化)、高性能化(精度向上)、高効率化(工程短縮)、高効率化(生産性増加)、環境配慮、低コスト化
キーワード 高熱伝導、高剛性、低熱膨張、軽量、低コスト
事業化状況 研究実施中
事業実施年度 平成24年度~平成26年度

プロジェクトの詳細

事業概要

近年、情報通信や自動車分野の発展に伴いAL合金とSIC粉末の複合材(AL-SICP)の薄板が高熱伝導/低熱膨張/高剛性/軽量であるため、電子回路の放熱板や電気自動車のIGBT基板として世界的規模での使用増が見込まれている。しかし、薄板化の多工程と高価格がネックであるため、独自の双ロール式縦型鋳造技術を用い革新的省工程と50%以上の製造コストの削減を実現し、この分野での日本の優位性を確立する

開発した技術のポイント

Al-SiCp複合材板における、鋳造後の薄板への加工工程数を削減することができる新たな薄板鋳造法を開発する
(新技術)
Al-SiCp複合材板の加工において、鋳造後の薄板への加工工程数を削減できる新たな薄板鋳造法を利用する
(新技術の特徴)
加工工程数削減により、加工に要していた様々なコストを削減できる

具体的な成果

・高冷却能・低熱ひずみ特性を有するロールの開発
・ロール式鋳造板の両端にバリが発生しないサイドダムプレート(サイド堰)の開発
・SiCp量が35vol%以上におけるロール式鋳造条件とプロセスの確立
・クラッド材のクラッド比の設定方法の確立
・ロール式鋳造材の半凝固成形用金型システムの確立
・特性評価

研究開発成果の利用シーン

・安価なAl-SiCp複合材板
・Al-SiCp複合材板を安価に生産するための鋳造サービス

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

・川下企業のニーズが変化しており、現在の需要が無くなった
・新たな需要を開拓中だが、具体的な需要が掴めていない

提携可能な製品・サービス内容

素材・部品製造

製品・サービスのPRポイント

・Al-SiCp複合材板を利用した製品の価格競争力強化により、売上拡大に寄与
‐Al-SiCp複合材板の加工において、鋳造後の薄板への加工をより少ない工程で行えるようになった
‐高熱伝導・低熱膨張・軽量・高剛性の性質を兼ね備えるAlSiCp複合材板を安価で提供可能になった
‐既存のAl-SiCp複合材板の代わりに本材板を各種製品に利用することで、それらの製品を安価で販売できるようになる
‐価格競争力強化を通じ、Al-SiCp複合材板を利用した各種製品の売上拡大に寄与する
・鋳造後の薄板への加工工程数削減で、販売の機会損出発生を抑制
‐鋳造後の薄板への加工をより少ない工程数で行えるよう
になった結果、Al-SiCp複合材板を短納期で納入可能に
なるため、販売における機会損出発生を抑えられる

今後の実用化・事業化の見通し

・今後、国内外PRを展示会・企業訪問にて積極的に行い、川下ユーザーでのサンプル評価を受けて、川下ユーザーのニーズに合うように摺合せ及び改善を行う予定である
・生産設備に課題が残っているため、設備をかけなくても製造できる商品から実用化を図る計画である
・既にPRと摺合せを進めている主要大手ユーザーと、今後の具体的な部材の試作と評価を繰り返しながら商品化を進めていくことを検討している

実用化・事業化にあたっての課題

量産時の欠陥が出ない技術の確立

事業化に向けた提携や連携の希望

現在、米国企業との協業や提携を模索中

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社秋葉ダイカスト工業所 生産技術課、開発設計課
事業管理機関 公益財団法人群馬県産業支援機構 工業支援課
研究等実施機関 学校法人常翔学園大阪工業大学 羽賀 俊雄
国立研究開発法人産業技術総合研究所 鈴木 孝和、松崎 邦男

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社秋葉ダイカスト工業所(法人番号:2070001006054)
事業内容 ダイカスト部品及びダイカスト金型製造販売
社員数 95 名
生産拠点 本社工場群馬県高崎市、子会社長野県辰野町、子会社ベトナムホーチミンシティ、関連会社神奈川県横浜市、関連会社タイ王国ナコンラチャシマ県
本社所在地 〒370-0072 群馬県高崎市大八木町580
ホームページ http://www.akidc.co.jp/
連絡先窓口 秋葉雅男
メールアドレス m_akiba@akidc.co.jp
電話番号 027-361-4499