文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 航空機部品製造における段取工程の削減により大幅な省力化を実現!

精密加工

航空機部品製造における段取工程の削減により大幅な省力化を実現!

兵庫県

株式会社大日製作所

2020年4月7日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 薄肉・中空形状及び一体化・複雑形状部品の多軸複合加工機による加工法の開発に資する切削技術の高度化
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 航空・宇宙
産業分野でのニーズ対応 高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、高効率化(工程短縮)、高効率化(人件費削減)、高効率化(生産性増加)、低コスト化
キーワード 薄肉加工、中空形状加工、位置決め
事業化状況 事業化に成功
事業実施年度 平成22年度~平成24年度

プロジェクトの詳細

事業概要

航空機産業などの業界では燃費向上を実現する機体重量の軽量化のため薄肉形状化・中空形状化のニーズが高まっており、かつこれらを国際競争力のある低価格で加工する新加工方法の開発が必要である。この開発のため、現在手間をかけて行っているケガキ作業などの手作業を、多軸複合加工機や非接触3次元デジタイザを使用して自動化し、段取時間及び加工時間を大幅に削減する技術を確立する

開発した技術のポイント

現在手間をかけて行っているケガキなどの手作業を、多軸複合加工機や非接触3次元デジタイザを使用して自動化し、段取回数/時間及び加工時間を大幅に削減する技術を確立する
(新技術)
多軸複合加工機や非接触3次元デジタイザを使用し、効率化した手法を開発する
(新技術の特徴)
段取回数/時間及び加工時間を大幅に削減することが可能になる

具体的な成果

・非接触3次元デジタイザを利用した、短時間で効果的な鋳物形状の測定手法の開発
-測定データの解析クオリティを一定に保ちながらも段取時間短縮に寄与する短時間でのスキャン測定に関する成果を得た
・鋳物形状の測定結果を3次元CADモデルと比較解析して加工プログラムの補正値を算出する方法の開発-加工時の補正値算出することができた
-算出した補正値を加工プログラムに反映させて加工する手法を開発できた

研究開発成果の利用シーン

・個体によって異なる形状の鋳物へ技術を適用した加工工程開発
・鋳物以外の薄肉・中空形状及び一体化・複雑形状部品への適用
・プロペラ・インペラやブレードなどの製作への適用

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

開発技術を適用した加工プロセスの利用により、継続した機械加工アイテムの受注に結びついている。一部のアイテムは開発後10年近く経過した現在でも継続して対応している。

提携可能な製品・サービス内容

加工・組立・処理

製品・サービスのPRポイント

・段取回数/時間や加工時間の大幅削減によるコストダウン
-通常手作業にて行っているケガキ作業をIT化することにより、段取回数/時間や加工時間を大幅削減することが可能となる
-手作業によるケガキ作業のミスや、ケガキ作業の限界による鋳物の黒皮残りを事前防止することができ、歩留率の向上が可能となる
-熟練度が必要となるケガキ作業を、人的技能に依存しない手法に置換することにより、技能継承の課題をクリアすることができる
・素材形状の設計への寄与
-素材形状の解析を正確に行うことができるため、加工代を限界まで削減することにより、材料費の削減を実現したり、軽量化による部品価値の向上に貢献することができる

今後の実用化・事業化の見通し

・サポイン開発期間にとりあげた部品以外を対象に、本技術を適用して知見を積み重ねて、汎用性を高めていきたい
・航空機分野以外にも本技術を適用できる分野があると考えられ、プロペラやインペラなどを使用する産業分野での利用を目指して、ブラッシュアップに取り組んでいる

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社大日製作所
事業管理機関 株式会社大日製作所
研究等実施機関 株式会社大日製作所

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社大日製作所(法人番号:1140001044048)
事業内容 5軸加工機を有効活用した部品加工および組立
社員数 64 名
生産拠点 兵庫県高砂市に3箇所の生産拠点を保有
本社所在地 〒676-0815 兵庫県高砂市阿弥陀1丁目13-12
ホームページ http://www.dainichiss.co.jp/
連絡先窓口 代表取締役社長 橋本智裕
メールアドレス t-hashimoto@dainichiss.co.jp
電話番号 079-447-4561