文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 鉄系形状記憶合金を利用した破壊しにくい超電導バルク体

接合・実装

鉄系形状記憶合金を利用した破壊しにくい超電導バルク体

兵庫県

淡路マテリア株式会社

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 ユビキタス超電導磁石の開発に資する鉄系形状記憶合金の締付技術の高度化
基盤技術分野 接合・実装
対象となる産業分野 医療・健康・介護、環境・エネルギー、産業機械
産業分野でのニーズ対応 高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(耐久性向上)、低コスト化
キーワード 鉄系形状記憶合金、超電導バルク体、樹脂コート
事業化状況 事業化に成功
事業実施年度 平成22年度~平成24年度

プロジェクトの詳細

事業概要

超電導バルク材料は永久磁石よりも、はるかに強い磁石として機能するため、医療や環境など様々な分野への応用開発が期待されている。しかしセラミックスのため機械特性が金属よりも劣ることと、最終製品への加工が高価という問題がある。本提案は、これら問題を解決するため、提案者が有する鉄系形状記憶合金のリングを用いた部材の結合技術を高度化し、川下企業がニーズとして抱える問題を解決しようとするものである。

開発した技術のポイント

鉄系形状記憶合金を用いた、超電導バルク体の補強技術の開発と外部評価を実施する
(新技術)
鉄系形状記憶合金の形状回復効果を活用した締結補強を行う
(新技術の特徴)
従来の締付補強技術に比べて、4倍以上の収縮率を示し、補強効果が非常に高い

具体的な成果

・低温環境下においても十分な締付け力を発揮する鉄系形状記憶合金を選定し、最も高い形状回復を得る拡径率と加熱温度が判明
・安価な原料で十分な特性を示す超電導バルク体の製造法を確立
・有限要素法にて締め付け効果を計算し、試験にてこの効果を確認

鉄系形状記憶合金リングで補強されたバルク体
液体窒素温度下、1テスラ着磁後の捕捉磁場の一例
知財出願や広報活動等の状況

特許出願
・超伝導バルク体とその製造方法および超伝導バルク磁石 特願2011-080348 特許第5736216号
・超電導バルク体の皮膜形成剤、超電導バルク体用皮膜、並びに皮膜を有する超電導バルク体および超電導バルク磁石 特願2012-075571
・超電導バルク体および超電導バルク磁石 特願2012-082224
・超電導バルク体および超電導バルク磁石 特願2013-004900
広報活動
・新聞にサポイン成果を含んだ事業内容が掲載された(日経産業新聞2013年7月25日)
・展示会ブース出展(国際超電導シンポジウム2013 2013年11月18日~20日)
・一般書籍に製品情報が掲載された(新しい超伝導入門 山路達也著 PHPサイエンスワールド新書)

研究開発成果の利用シーン

超電導現象を理解する為の教材や、科学館等での浮上デモとしての使用が可能

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

・国際超電導シンポジウム2013に企業ブースを出展した
・特許を4件出願した
・教材用や展示会での浮上デモ用としての注文に対応中

提携可能な製品・サービス内容

製品製造、技術ライセンス

製品・サービスのPRポイント

・破壊しにくい超電導バルク体
-強い磁場源としてモーターや磁気分離装置の高性能化や小型化用に利用された場合、電磁気力によって壊れやすいが、強度の高い製品を得たので、装置組込に耐えられる
・腐食しにくい超電導バルク体
-超電導バルク体を使用するとき冷却するが、この時霜など水分と接触するため腐食劣化しやすい
-水分との接触を妨げるコーティング技術を開発したので、長期間使用できる

今後の実用化・事業化の見通し

低コスト・省工程化が可能な製造方法での超電導バルク体の受注生産体制を整えることができたが、期待に反して市場が拡大しない。
受注数が少なくても生産体制・製造技術が維持できるように引き続き努める。

実用化・事業化にあたっての課題

産業利用上の市場が少ない

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 淡路マテリア株式会社 東京支社
事業管理機関 淡路マテリア株式会社
研究等実施機関 学校法人芝浦工業大学 工学部材料工学科超伝導材料研究室

サポイン事業者 企業情報

企業名 淡路マテリア株式会社(法人番号:5 1400 0108 5022)
事業内容 鋼製突合せ溶接式管継手、油井管用カップリング、高耐力マイクロパイル、土木用AGF鋼管、ツールジョイント、鉄系形状記憶合金製品、超電導バルク体
社員数 85 名
生産拠点 溶接式管継手:タイ工場  その他製品:本社工場
本社所在地 〒656-0015 兵庫県洲本市上加茂4番地の2
ホームページ http://www.awaji-materia.co.jp/
連絡先窓口 開発グループ 坂井裕美
メールアドレス h.sakai@awaji-materia.co.jp
電話番号 03-3295-1731