文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. ダイヤモンド電極を用いた残留塩素濃度測定センサーの開発!

測定計測

ダイヤモンド電極を用いた残留塩素濃度測定センサーの開発!

東京都

株式会社コスモテクノ

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 ダイヤモンド電極を用いた残留塩素濃度測定センサーの開発
基盤技術分野 測定計測
事業化状況 研究実施中
事業実施年度 令和1年度~

プロジェクトの詳細

事業概要

医療や食品分野において塩素は安価で有用な消毒剤であるが、使用濃度の測定は旧来の手作業による比色法や測定範囲が限られる電極法しかない。消毒を必要とする川下分野のニーズは測定の迅速性と精度の信頼性であり、リアルタイムに濃度を検出し定量化する技術が求められている。近年、超電導素材としても注目されているダイヤモンド電極を、電気的に制御、補正する技術で高精度、リアルタイム測定が可能なセンサーを製品化する

実用化・事業化の状況

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社コスモテクノ
事業管理機関 一般財団法人機能水研究振興財団

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社コスモテクノ(法人番号:7012301000811)
本社所在地 東京都