文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 工具の高強度化、納期短縮、加工コスト削減を可能とする超硬合金/高速度鋼製ハイブリッド小径ドリルの開発

精密加工

工具の高強度化、納期短縮、加工コスト削減を可能とする超硬合金/高速度鋼製ハイブリッド小径ドリルの開発

愛知県

株式会社イワタツール

2021年2月19日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 長期安定的な高速度加工が可能なハイブリッド小径ドリルの開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 自動車、電気機器
産業分野でのニーズ対応 高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(耐久性向上)、高性能化(高速度加工と工具寿命安定性)、高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、高効率化(工程短縮)、高効率化(生産性増加)、環境配慮、低コスト化
キーワード 超硬合金と高速度鋼のハイブリッドドリル
事業化状況 事業化に成功
事業実施年度 平成22年度~平成24年度

プロジェクトの詳細

事業概要

電気機器、自動車分野における多数のドリル小径加工の納期短縮、加工コスト削減を目指し、超硬合金製ドリルの高速度加工性と高速度鋼製ドリルの工具寿命安定性を併せ持つ超硬合金/高速度鋼製ハイブリッド小径ドリルの研究開発を行う。本ドリルはろう材未使用による先端のWC-CO化で高接合強度を実現し、かつドリル形状最適化により、高速度鋼製ドリルの2~5倍の寿命と10倍の加工速度の長期安定高速度加工を達成する

開発した技術のポイント

高硬度材用の小径穴あけ加工用ドリルを提供しようとするもので、その精度と加工速度および長寿命を特長とするものである。

具体的な成果

開発したφ0.2mmのPCDドリルで、G3相当の被削材に深さ0.8mmの穴を20,000回転/分、送り量0.0001mm/revでテストしたところ、20穴以上を安定に加工できた。

知財出願や広報活動等の状況

INTERMOLD、微細精密加工展、機械要素技術展、難加工技術展、JIMTOF他、国内外の展示会等で出展した。

研究開発成果の利用シーン

国内では、医療用に引き合いがあり、海外からは、半導体シリコン用に引き合いがあった。
このため、サンプル品でテストを受けている段階である。
また、微細部分の形状測定や材質・強度等の評価技術が向上し、他の製品全体の品質向上に寄与している。

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

超硬材料と高速度材料の接合の開発を進めていたが、ドリル市場の動向や費用対効果面からPCD材料の接合に修正し開発が終了した。
このため、現在、事業化に向けテスト中である。

提携可能な製品・サービス内容

加工・組立・処理、素材・部品製造

製品・サービスのPRポイント

半導体シリコンやカーボン等の加工用として、高精度、高速度加工かつ長寿命のドリルの提供

今後の実用化・事業化の見通し

事業化に向け、安定的量産のための研究を継続している。

実用化・事業化にあたっての課題

微細研磨による高品質化と歩留まり向上による低コスト化が課題である

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社イワタツール
事業管理機関 公益財団法人名古屋産業科学研究所
研究等実施機関 国立研究開発法人産業技術総合研究所

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社イワタツール(法人番号:3180001065212)
事業内容 切削工具製造
社員数 37 名
生産拠点 本社;名古屋市守山区花咲台2-901-1テクノヒル名古屋E-3
本社所在地 〒463-0808 愛知県名古屋市守山区花咲台2-901-1テクノヒル名古屋E-3
ホームページ http://www.iwatatool.co.jp
連絡先窓口 営業課
メールアドレス info@iwatatool.co.jp
電話番号 052-739-1080