文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 界面前進凍結濃縮装置により、品質を維持しながら液状の食品等を低コストで濃縮することが可能に!

製造環境

界面前進凍結濃縮装置により、品質を維持しながら液状の食品等を低コストで濃縮することが可能に!

石川県

明和工業株式会社

2022年1月28日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 界面前進凍結濃縮法による低コスト濃縮装置開発及び食品新素材開発への応用
基盤技術分野 製造環境
対象となる産業分野 食品
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)
キーワード 凍結濃縮、液体濃縮、香料、食品、飲料
事業化状況 事業化に成功し継続的な取引が続いている
事業実施年度 平成24年度~平成26年度

プロジェクトの詳細

事業概要

果汁や清酒等の液状食品は、濃縮することで香味を高め、付加価値を高めることができる。しかし、加熱による濃縮は品質劣化が避けられず、低コストで高品質な濃縮技術が求められている。そこで、本提案ではこのニーズに応えられる固液分離の容易な界面前進凍結濃縮法を採用し、高品質かつ低コストで汎用的な実用装置を開発する。本技術の活用により、従来にない濃縮飲料の製造やより付加価値の高い食品新素材製品を製造できる

開発した技術のポイント

高品質かつ低コストで、操作にフレキシビリティが高く、従来の装置よりも短時間に処理できる凍結濃縮方法及び凍結濃縮装置を提供する
(新技術)
界面前進凍結濃縮法により凍結濃縮を行う
(新技術の特徴)
・装置コストを抑えられる
・小規模試験生産に対しても凍結濃縮を利用できる
・濃縮対象物の品質劣化や成分変質を極力抑える濃縮方法

具体的な成果

・基本装置の開発
‐小規模一体型凍結濃縮装置および大規模循環型凍結濃縮装置を開発した
・高品質化の検証
‐栄養成分、香り成分の保持検証を行った
‐濃縮物の品質評価を行った
‐界面前進凍結濃縮を食品新素材開発へ応用した
・処理時間の短縮化
・回収率の向上
→大手香料メーカーへの装置納入、大手飲料メーカーへの装置納入、および各種食品、飲料、香料メーカーからの有償試験成約

知財出願や広報活動等の状況

・2014年及び2017年に関連特許2件を権利化
・2019年10月2日~4日:東京ビックサイト/食品開発展2019に出展
・2019年11月以降に会社ウェブサイトにて専用ページ開設

研究開発成果の利用シーン

・界面前進凍結濃縮法により日本酒や果汁等の食品を濃縮可能な、界面前進凍結濃縮装置
・各種液状製品(果汁、お茶、牛乳、香料駅など)の濃縮試験サービス
・ユーザーサイトでの界面前進凍結濃縮による高品質濃縮製品
・高付加価値の香料素材が生産可能な、界面前進凍結装置

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

・氷結晶部分融解法による収率改善が有効であることを明らかにし、かつそのための装置を試作したうえで、この装置を大規模循環型凍結濃縮装置と組み合わせて統合システムを完成させた
・大規模循環型凍結濃縮装置に関する研究成果を学会・展示会等で発表した結果、いろいろな企業から問合せ、装置見学依頼、試作品作成依頼等をいただくことができた
・大手食品メーカー、大手飲料メーカー、大手香料メーカーからの装置/試験の引き合いが多数。
専用の試験室を設置し、様々な試験依頼に対応し、結果がうまくいった場合、装置販売に繋げている状況。

提携可能な製品・サービス内容

設計・製作、試験・分析・評価

製品・サービスのPRポイント

・濃縮に要するコストの削減に貢献
‐開発した界面前進凍結濃縮装置のシステムは、従来利用されてきた装置に比べ装置のシステムが単純である
‐凍結濃縮に要する装置コストを削減できる結果、食品の濃縮に要するコストの削減に貢献する
‐また、加工工程で凍結濃縮を行う日本酒や果汁等の食品等を安価で提供できるため、それらの食品の価格競争力強化に寄与する
・濃縮産物の市場拡大に寄与
‐開発した界面前進凍結濃縮装置の導入により、日本酒や果汁等の食品等の濃縮を、従来よりも品質を保ちながら行えるようになる
‐より高い品質が求められる用途に対して濃縮産物を展開可能になるため、濃縮産物の市場拡大に寄与する

今後の実用化・事業化の見通し

・小規模一体型凍結濃縮装置について、まず試作機を制作し、更にパンフレット作成やポスター掲載の他展示会への出展等によるPRを推進することで、酒造メーカーを中心に営業展開をする計画である
・県内で小規模一体型凍結濃縮装置の第1号機を販売したうえで、徐々に全国展開を図る
・2015年11月現在で大規模型装置1件の受注が確定しているが、更なる受注拡大に向けて引き続き装置PRに力を入れていきたい

実用化・事業化にあたっての課題

スケールアップ機の開発

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 明和工業株式会社
事業管理機関 公益財団法人石川県産業創出支援機構
研究等実施機関 石川県工業試験場
石川県農林総合研究センター農業試験場
公立大学法人石川県立大学

サポイン事業者 企業情報

企業名 明和工業株式会社(法人番号:6220001007041)
事業内容 農業関連事業/バイオマス利活用事業/試験・受託サービス事業/凍結濃縮事業
社員数 42 名
本社所在地 〒920-0211 石川県金沢市湊3丁目8番地1
ホームページ https://www.meiwa-ind.co.jp/
連絡先窓口 金原 竜生(きんばら たつき)
メールアドレス t-kimbara@meiwa-ind.co.jp
電話番号 076-239-0118