文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 漁船搭載用オンサイト型シャーベット状海水氷製氷機の開発に成功!

情報処理

漁船搭載用オンサイト型シャーベット状海水氷製氷機の開発に成功!

北海道

株式会社ニッコー

2020年3月21日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 データトラッキング制御による漁獲物高鮮度保持用オンサイト型海水氷製氷機の開発
基盤技術分野 情報処理
対象となる産業分野 食品
産業分野でのニーズ対応 高性能化(小型化・軽量化)、高性能化(信頼性・安全性向上)
キーワード 海氷、鮮度保持、漁船、シルクアイス、製氷機
事業化状況 事業化に成功し継続的な取引が続いている
事業実施年度 平成22年度~平成24年度

プロジェクトの詳細

事業概要

魚体の高鮮度保持に最適な氷性状を明らかにし、当該微細氷を漁場において迅速かつ連続的に安定して製造できる漁船搭載型の高性能小型海水氷製氷機を開発する。そのために、環境や海水の性状変化に応じて最適性状海水氷を製造する条件を制御できる既存の製氷機には無い高度な組込みソフトを開発し、製氷機の制御系として実装し、漁獲物の高鮮度流通に資する。また、遠隔制御機能を付加することにより幅広い食品流通への応用を図る

開発した技術のポイント

洋上での原海水性状の変化(温度、塩分濃度、不純物質等)にリアルタイムで追従しながら、最適性状の海水氷を瞬時に且連続的に生成する「データトラッキング制御ソフト」を組み込んだ剥離低減型製氷用熱交換機で構成する小型で高性能な「漁船搭載用オンサイト型シャーベット状海水氷製氷機」を開発する
(新技術)
・本装置に具備する各種制御機器を有機的に統合して制御可能な「データトラッキング制御技術」を開発する
・小型で高性能な「漁船搭載用オンサイト型シャーベット状海水氷製氷機」を開発する
(新技術の特徴)
・海水の性状変化(温度、塩分濃度等)をリアルタイムで追従する
・最適性状の海水氷を迅速、かつ長時間連続的に安定して製氷する

具体的な成果

・製氷用組み込みソフト「データトラッキング制御」の設計、製作
‐リアルタイムに且連続的に最適性状海水氷が製造可能になった
‐大幅な省エネが可能な高性能冷媒制御システムを構築した
‐氷剥離力低減化技術を製氷用熱交換器に導入し、コンパクトで耐久性、メンテナンス性に優れた仕様とした

研究開発成果の利用シーン

・漁船搭載用オンサイト型シャーベット状海水氷製氷機
・陸上設置型シャーベット状海水氷製氷機(小型化、タンク併設型)
・その他:本製品を活用した食品保存あるいは熱管理等、顧客ニーズに対応したサービス

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

サポイン事業終了時点でサブテーマ毎の研究開発計画目標を達成、実証機の漁船搭載について、過酷条件の中での安定した製氷運転を確認、陸上設置タイプについて機器導入の受注を頂いた機器の量産化による価格低減と消費者側からの鮮度保持の評価が本装置の普及の課題である

提携可能な製品・サービス内容

設計・製作、装置の提供

製品・サービスのPRポイント

船舶搭載により、氷積載作業・購入費等のコスト削減、漁獲後の鮮度保持による商品価値向上
・魚場に着くまでリアルタイムで氷生成が可能なため、出港時の氷積載作業が不要、船舶の燃料費を大幅に低減、氷購入費用のコスト削減が可能となった
・漁獲後の急速冷却が可能なため、魚場から水揚げまで従来の真水粉砕氷による冷却に比べて鮮度が持続し、商品の高付加価値化を実現できる陸上設置により、冷凍設備の電気料金の低減、ポンプ搬送による労力削減
・既存冷凍設備の使用電力量の1/2程度で済み、電気料金の低減により生産コストを低減化できる
・海水氷はポンプ搬送が可能なため、大幅に労力を削減できる
・水揚げ後の現地市場においても、一貫した鮮度保持が可能である
卸売市場、消費者までの新たなコールドサプライチェーン構築により商品価値向上
・漁獲時の鮮度を落とすことなく、水揚げ後も海水氷を活用することにより、現地市場から卸市場、消費者、あるいは海外輸出まで新たなコールドサプライチェーンの構築が可能となる

今後の実用化・事業化の見通し

今後の見通しと展望
<船舶搭載型>
・製氷機本体と冷凍機の分離設置による狭隘な設置スペースへの対応、あるいは簡易な仕様・性能にも対応できる顧客の求め易い価格での提供を実現する
<陸上設置型>
・流通現場の使用環境に柔軟に適応できる小型装置の開発、量産化、価格の低廉化を図る
・魚箱収容時に使用する海水氷脱水化装置の開発により、市場における多様な使用形態に対応する

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社ニッコー 本社工場
事業管理機関 株式会社ニッコー
研究等実施機関 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公益財団法人函館地域産業振興財団

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社ニッコー(法人番号:3460001001287)
事業内容 食品加工分野における生産設備の企画・設計・製造・販売をトータルで実施
社員数 99 名
生産拠点 北海道釧路市
本社所在地 〒084-0924 北海道釧路市鶴野110番地1
ホームページ http://www.k-nikko.com/
連絡先窓口 営業部企画課 福島
メールアドレス info@k-nikko.com
電話番号 0154-52-7101