文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. アルミ展伸材による複雑成型品の開発

立体造形

アルミ展伸材による複雑成型品の開発

愛知県

株式会社モリ山技研

2020年3月20日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 薄肉複雑形状で強度・放熱性・耐候性に優れた成型品の開発~半凝固材に最適化した成型法の開発~
基盤技術分野 立体造形
対象となる産業分野 環境・エネルギー、自動車、産業機械、工作機械、光学機器
産業分野でのニーズ対応 高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、高効率化(工程短縮)、高効率化(生産性増加)、低コスト化
キーワード アルミ、成形、工程短縮、展伸材
事業化状況 実用化間近
事業実施年度 平成19年度~平成21年度

プロジェクトの詳細

事業概要

展伸・加工用合金の半凝固材を利用した新成型法を開発した。本成型法によりアルミ展伸材を用いた複雑形状製品の成形が可能となる

開発した技術のポイント

アルミ成形に、展伸・加工用合金を使用
従来の展伸・加工用合金の成形法である、押出や熱間鍛造・冷間鍛造に比べ、薄肉複雑な形状の成形を実現
従来ダイカスト法に比べ、巣のない高強度、高延性の成形品を実現

具体的な成果

ダイカスト成形と同程度の複雑形状を、アルミ展伸材にて実現。
半凝固による成形により、展伸材による巣のない成形品を実現。
材質にジュラルミン等を利用し、熱処理を施すことにより、高強度の成形品を実現。

知財出願や広報活動等の状況

特許公開:「半凝固金属の成型装置」(特許2010-194549)

研究開発成果の利用シーン

従来ダイカスト成形では困難であった展伸・加工用合金による成型を実現押出・機械加工品のコストダウンに貢献

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

基礎技術は確立したが、量産化のための自動化技術が未着手。

提携可能な製品・サービス内容

設計・製作、素材・部品製造、共同研究・共同開発、技術ライセンス

製品・サービスのPRポイント

ダイカスト成形と同程度の複雑形状を、アルミ展伸材にて実現。
アルミ展伸・加工用合金部材を成形品にすることにより、コストダウンを実現。半凝固による成形により、展伸材による巣のない成形品を実現。
材質にジュラルミン等を利用し、熱処理を施すことにより、高強度の成形品を実現。

今後の実用化・事業化の見通し

基礎技術は確立したので、今後はニーズに応じて自動化、量産化設備を整えてゆく見通しである。

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社モリ山技研 総合工場
事業管理機関 公益財団法人科学技術交流財団
研究等実施機関 株式会社ナノキャスト
国立研究開発法人産業技術総合研究所
国立大学法人東北大学 大学院工学研究科
国立大学法人東北大学

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社モリ山技研(法人番号:7180001001337)
事業内容 ダイカスト製品(光学機器部品、電機機具部品、産業機器部品)
社員数 20 名
本社所在地 〒463-0054 愛知県名古屋市守山区小六町14-7
ホームページ http://www.moriyamagiken.co.jp
連絡先窓口 代表取締役:大野慎介
メールアドレス s_oono@moriyamagiken.co.jp
電話番号 052-793-0555