文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 走行機能付パラレルキネマティクス5軸加工機の高剛性高精度化

精密加工

走行機能付パラレルキネマティクス5軸加工機の高剛性高精度化

石川県

株式会社BBS金明

2021年2月19日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 走行機能付次世代型5軸制御ロボット加工機の開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 航空・宇宙、自動車、産業機械、工作機械
産業分野でのニーズ対応 高機能化(新たな機能の付与・追加)、高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(精度向上)、高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、高効率化(工程短縮)、高効率化(人件費削減)
キーワード 5軸加工機、ロボット加工機、キネマティクス、BBS、GKM
事業化状況 事業化に成功
事業実施年度 平成27年度~平成29年度

プロジェクトの詳細

事業概要

航空機業界では、機体の翼や内部のリブ部品/胴体部品のリベット穴/皿ビス穴/位置決め穴加工を多関節ロボットや手作業にて加工を行っているため、加工時の精度不良や加工時間が長く生産性が問題となっており、川下企業からはフレキシブルで高速/高精度な5軸制御ロボット加工機が必要とされている。そこで上記問題を解決し、さらに前述部品をワンチャック加工出来る「走行機能付次世代型5軸制御ロボット加工機」の開発を行う

開発した技術のポイント
成果品の装置全体図

走行機能付次世代型5軸制御ロボット加工機の開発

(新技術)
フレキシブル高剛性/高速/高精度な5軸制御ロボット加工機及び高精度走行ユニット

(新技術のポイント)
加工時の精度が高い

具体的な成果
5軸加工機モジュール部位名称

・次世代型5軸制御ロボット加工機の開発
連携体メンバーと共同で解析評価を行い、最適な設計検証と製作を実施、剛性面と精度面で目標値を達成した
・走行ユニットの開発
ニーズに沿ったモジュール化設計と、最適な調整法と補正法を確立させ精度目標値を達成した
・非接触無線式ワーク測定装置の開発
測定装置単体の開発は完了したが、NCコントローラーとの連携など、一部機能面で未完了となった

研究開発成果の利用シーン
従来技術と新技術比較

走行機能付次世代型5軸制御ロボット加工機にて、特に航空機のウイングの加工にフレキシブルに対応できる。
従来手作業でしか加工出来なかった部位なども、5軸加工機モジュールにて自動化が出来るため工程集約と手作業の軽減に役立ちます。

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

ウイングの内部部品加工のための、走行機能付5軸加工機 受注決定⇒2020年1月より製作開始。(2台1式)
ウイング加工機 走行昇降機能付き5軸加工機 受注決定⇒製作中(1台)

提携可能な製品・サービス内容

設計・製作、製品製造

製品・サービスのPRポイント

・大型の5軸制御ロボット加工機部品の精度測定と品質管理を行い、組立を実施し、剛性面(33~50N)と精度面(0~4μm)、軸受剛性値は従来比1.4倍を達成した
・走行ユニットについて、走行ユニットの真直度及び、繰り返し位置決め精度(7μm)、ピッチ送り精度(-10.6~+11.0μm)に対し目標値を達成レた

今後の実用化・事業化の見通し

提供されたサンプルワークの加工により、事業化への推進を図る

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社BBS金明
事業管理機関 公益財団法人石川県産業創出支援機構 プロジェクト推進部 技術開発支援課
研究等実施機関 石川県工業試験場 機械金属部
学校法人金沢工業大学 機械工学科
アドバイザー 技研株式会社
シーメンス・ジャパン株式会社

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社BBS金明(法人番号:8220001009358)
事業内容 半導体事業、クリーンエネルギー事業、工作機械産業機械事業
社員数 94 名
生産拠点 石川県白山市旭丘4丁目12番地
本社所在地 〒924-0004 石川県白山市旭丘4丁目12番地
ホームページ http://www.bbskinmei.co.jp/japanese/
連絡先窓口 前江田秀康
メールアドレス maeda@bbskinmei.co.jp
電話番号 076-275-9000