文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 熱可塑CFRPプレス成形品の高度マテリアルリサイクルシステムの構築を通じて、情報家電や輸送機器等の軽量化に貢献

立体造形

熱可塑CFRPプレス成形品の高度マテリアルリサイクルシステムの構築を通じて、情報家電や輸送機器等の軽量化に貢献

大阪府

濱田プレス工藝株式会社

2020年4月12日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 熱可塑CFRPプレス成形品の高度マテリアルリサイクルシステムの構築
基盤技術分野 立体造形
対象となる産業分野 航空・宇宙、自動車、建築物・構造物
産業分野でのニーズ対応 高性能化(既存機能の性能向上)、高性能化(耐久性向上)、高性能化(小型化・軽量化)、高効率化(同じ生産量に対するリソースの削減)、高効率化(生産性増加)
キーワード 熱可塑樹脂、加熱搬送、リサイクル、スタンピング成形、プレス機
事業化状況 実用化に成功し事業化に向けて取り組み中
事業実施年度 平成23年度~平成25年度

プロジェクトの詳細

事業概要

今後、情報家電や自動車、車輌等の部品に繊維強化熱可塑性プラスチックが多く使用されるためには、その材料の高性能化や耐久性向上などの研究開発に加え、『環境に配慮したコンポジット(E-コンポジット)・デザイン』が重要である。本研究開発では、プレス成形工程で排出される不用材や製品使用後の廃棄品から作り出される資源の“再生”方法について調査し、高価な素材を有効に活用できる高度リサイクルシステムを構築する

開発した技術のポイント

金属プレス機でも使用可能な加熱搬送装置の開発、成形工程で排出される不用材や製品使用後の廃棄品を有効に活用できる高度リサイクルシステムの構築により、熱可塑性CFRPの普及を目指す
(新技術)
・汎用金属プレス機で使用可能な加熱搬送装置を開発する
・プレス成形時に生じる不用材や廃棄物となる熱可塑CFRPを再生材として活用する
(新技術の特徴)
・熱可塑性CFRPが中小企業に広く普及する
・熱可塑性CFRPのマテリアルリサイクルを実現し、材料コストを低減する

具体的な成果

・高速複合化技術課題への対応等
-繊維強化熱可塑プラスチックの複合押出し成形技術を開発した等
・環境配慮型技術課題への対応
-再生・繊維強化熱可塑プラスチックに適合するプロダクトデザインを開発した
・成形加工と結びつける材料複合化技術課題への対応
-繊維強化熱可塑プラスチックのプレス成形と射出成形の融合技術を開発した等

研究開発成果の利用シーン

・汎用金属プレス機に使用できる熱可塑性CFRP用加熱搬送装置
・熱可塑性CFRPのプレス成形・射出成形・押出し成形およびそれらの融合成形技術
・不用な熱可塑性CFRPのマテリアルリサイクル技術
・上記技術を活用したサービス

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

・展示会出展のための各種試作品を製作した
・熱可塑性CFRP加熱プレス成形の紹介用ミニ製造ラインを製作し、展示会へ出展した
・テレビ放映・新聞掲載による広報活動、国際学会での発表、セミナーでの講演、見学会を実施した
・e-コンポジット研究会からe-コンポジットネットワークへの取組、東大阪市の「型ろう会」との連携を図った

提携可能な製品・サービス内容

製品製造、試験・分析・評価

製品・サービスのPRポイント

金属プレス機に使用可能な熱可塑性CFRP用の加熱搬送装置を開発することにより、金属加工業がCFRPのプレス成形を可能に
・情報家電業界等では低コストかつ短納期で量産可能な材料や製造法が求められているが、金属から樹脂化への材質変更だけでは十分に応えられていない
・現在販売されている熱可塑性CFRP用の加熱プレスシステムは航空機向けであるため、導入コストが高く、中小企業での導入は困難であり、熱可塑性CFRPを広く普及させることは難しい
・金属加工業等の企業が保有している汎用の金属プレス機で使用可能な熱可塑性CFRP用の加熱搬送システムの開発により、熱可塑性CFRPが普及できる

今後の実用化・事業化の見通し

・今後は、汎用金属プレス機で使用可能な熱可塑性CFRP用加熱搬送装置を事業化し、プレス成形加工業やプラスチック成形加工業等の中小企業に使用して頂けるよう、販促活動を行う予定である
・熱可塑性CFRPのプレス成形・射出成形・押出し成形およびそれらの融合成形技術を用いた成形品を受注し、不用な熱可塑性CFRPのマテリアルリサイクル技術を提供し、コスト低減化を図る

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 濵田プレス工藝株式会社 京都工場
事業管理機関 株式会社大阪シティソリューション
研究等実施機関 株式会社カツロン 八尾工場
株式会社ホーライ
株式会社小西金型工学
株式会社マジックボックスJP

サポイン事業者 企業情報

企業名 濱田プレス工藝株式会社(法人番号:6122001006314)
事業内容 金型の設計・製作から量産プレス・溶接・塗装等の金属加工
社員数 131 名
生産拠点 京都工場
本社所在地 〒579-8057 大阪府東大阪市御幸町2-8
ホームページ http://www.hmd-hamada.co.jp/
連絡先窓口 濱田惠
メールアドレス kyoto@hmd-hamada.co.jp
電話番号 0774-88-6666