文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 工程数を削減し、素材利用率を向上する複合流動制御ネットシェイプ冷間鍛造

精密加工

工程数を削減し、素材利用率を向上する複合流動制御ネットシェイプ冷間鍛造

茨城県

株式会社神峰精機

2020年3月27日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 冷間閉塞鍛造によるネットシェイプ成型技術の開発
基盤技術分野 精密加工
対象となる産業分野 自動車、農業
事業化状況 実用化に成功し事業化に向けて取り組み中
事業実施年度 平成21年度~平成21年度

プロジェクトの詳細

事業概要

閉塞鍛造用の精密金型を用いた冷間鍛造技術を高度化させ、ネットシェイプ成形技術を開発し、高品質で、低コストの自動車部品の製造技術の開発を行なう。主な製品は、自動車用のデファレンシャルギヤー(デフピニオン)および土木機械用トラクター類のデフピニオンを一貫製造して、コスト低減をはかる

開発した技術のポイント

複合流動制御ネットシェイプ冷間鍛造による素材利用率100%化技術の開発
・閉塞鍛造に要求される鍛造設備の開発
→加圧能力6,300kN以上、能力発生下死点25mm以上、スライドストローク400mm以上、ダイハイト1,000mm以上
・デフピニオンギアの寸法精度
→球面部精度:表面粗さ3.2μm、曲率R48.5mm
・量産コスト低減
→30%低減、素材利用率98%以上
(新技術)
・複合流動制御ネットシェイプ冷間鍛造
‐工程数少ない
(特徴)
‐鍛造工程数1回
‐後処理機械加工無
‐素材利用率98%以上
‐コスト低減30%以上

具体的な成果

・閉塞鍛造に要求される鍛造設備を開発
‐本開発のための冷間閉塞鍛造用特殊仕様とした大型プレス機を導入して、それに対応できる特殊ダイセット及び金型を開発
‐結果、加圧能力6,300kN、能力発生下死点25mm、スライドストローク400mm、ダイハイト1,000mmの性能をもつ鍛造設備を開発
・目標面粗さ3.2Sを達成する前処理条件を確認
‐新規考案による鍛造工程を可能とする金型を開発。かかる荷重、逃がし、割り位置、製品の成形姿勢、取り出しが十分可能
‐金型は、デフピニオンギアとしてのバックラッシュ、球面精度、歯面噛み合い精度も十分に考慮
‐球面部面精度について、目標面粗さ3.2Sを達成する前処理条件を確認
・開発した鍛造装置の性能、閉塞鍛造の製造基本技術を確認
‐素材の流動解析から、開発した鍛造装置の性能は、閉塞鍛造によるデフピニオンギア成形に十分な性能を備えていると確認
‐さらに、閉塞鍛造の製造基本技術を確認
‐量産コストの評価は、順次実施中

知財出願や広報活動等の状況

出展:茨城県・栃木県中小企業参加の自動車メーカとの商談会(H22.5)、茨城圏技術ナウ(自動車メーカでの商談会)(H23.5)

研究開発成果の利用シーン

複合流動制御ネットシェイプ冷間鍛造により、自動車用デフピニオンギアや土木機械トラクター用デフピニオンギアの高品質・低価格・短納期を実現

実用化・事業化の状況

事業化状況の詳細

・実用化に成功、H24年度の事業化に向け活動中
・サンプルあり(形状・寸法により新規金型を必要とする場合は有償)

製品・サービスのPRポイント

・低コスト化:デフピニオンギア製造コスト低減30%
・歩留まり向上:材料歩留り98%

今後の実用化・事業化の見通し

事業化に向けて、商談会や展示会でPR中
・試作品を製造し、商談会、業界展示会等へ出展、PRを実施中
・デフピニオンギアは、車部品であり、車の型式変更時にタイミングよく試作品を納入する必要がある
・ユーザ仕様で試作し、ユーザでの性能試験と耐久試験を実施して頂く必要がある
・波及技術としての他製品を受注開始

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 株式会社神峰精機
事業管理機関 公益財団法人日立地区産業支援センター
研究等実施機関 ダイジェット工業株式会社
茨城県産業技術イノベーションセンター

サポイン事業者 企業情報

企業名 株式会社神峰精機
事業内容 冷間鍛造プレス及び切削加工、金型設計・製造、その他各種機器部品合理化機器・切削加工
本社所在地 茨城県日立市小木津町字泉入860-17
ホームページ http://www.kamine-precision.co.jp
連絡先窓口 代表取締役 佐藤一広
メールアドレス k_satou1965@kamine-precision.co.jp
電話番号 0294-42-4663