3.1 事業を理解する

(1) このプロセスの目的

 企業においては、大小様々な事業と、それに関わるいくつかの業務がありますが、大災害や大事故の発生時には、限りある人員や資機材の範囲内で、あなたの会社の事業を継続させていかなければなりません。そのため、まずどの商品を優先的につくるか、どのサービスを優先的に提供するかという判断を迫られます。
 このプロセスでは、当プロセスを終えた段階で、あなたの会社について以下の質問に明確に回答できるようになっていることを期待しています。

 あなたの会社の中核事業(製品やサービス)は何ですか?
 緊急事態が発生した場合、中核事業の復旧までに許容される期限(期日、納期)を把握していますか?
 中核事業の継続に不可欠な資源にはどのようなものがありますか?
 重要業務に大きな影響を与える災害にはどのようなものがありますか?


(2) このプロセスでの実施内容

3.1.1 事業への影響度を評価する
3.1.2 中核事業が受ける被害を評価する
3.1.3 財務状況を分析する


 


3. 平常時におけるBCPの策定と運用(中級コース)     3.1.1 事業への影響度を評価する