第1部 平成30年度(2018年度)の小規模事業者の動向 

第3節 まとめ

本章では、企業全体の企業数の推移を見た上で、規模別の増減率や小規模事業者の業種別・経営形態別企業数の推移、増減率について確認してきた。

また、開廃業が企業数や従業員数の変化に与える影響については、特に小規模事業者が大きく影響を受けていることも分かった。

小規模事業者の構造を捉える上では、その業種によって増減に差が生じていること、また企業の開廃業という様な、社会環境の変化による影響を最も受けやすい対象であることを認識しておく必要があるといえよう。

前の項目に戻る     次の項目に進む