トップページ財務サポート税制上手に使おう中小企業税制 50問50答

上手に使おう中小企業税制 50問50答

問4

資本金が1億円を超える企業でも留保金課税が停止されるのは、どのような場合ですか?

答え
中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律(中小企業新事業活動促進法)に基づく「経営革新計画」を作成し、都道府県知事等の承認を受けた中小企業者が、その計画に従って経営革新のための事業を実施している場合、その事業年度については、留保金課税が停止されます。
(注)ここでいう「中小企業者」は、中小企業基本法で規定する中小企業者(54ページ参照)をいいます。
適用期間
平成20年3月31日までに開始する事業年度において適用されます。

今すぐやる経営革新 「今すぐやる経営革新」

詳しくは、中小企業庁発行の小冊子「今すぐやる経営革新」を見て下さい。
次のホームページから冊子の請求、ダウンロードができます。
http://www.chusho.meti.go.jp