トップページ財務サポート税制「上手に使おう!中小企業税制」44問44答

目次 前のページ 次のページ


Q33 相続税・贈与税の税率が下がったと聞きましたが、本当ですか?

A . 本当です。相続税・贈与税ともに、税率の刻みが6段階に縮小され、最高税率がこれまでの70%から50%に引き下げられました。

●相続税の税率構造

法定相続分に応ずる取得金額
税率
控除額
1,000万円 以下の金額 10%
3,000万円 以下の金額 15% 50万円
5,000万円 以下の金額 20% 200万円
1億円 以下の金額 30% 700万円
3億円 以下の金額 40% 1,700万円
5億円 以下の金額 50% 4,700万円

●贈与税の税率構造

法定相続分に応ずる取得金額
税率
控除額
200万円 以下の金額 10%
300万円 以下の金額 15% 10万円
400万円 以下の金額 20% 25万円
600万円 以下の金額 30% 65万円
1000万円 以下の金額 40% 125万円
1000万円 超 の金額 50% 225万円
【計算例】
現金1,000万円の贈与を受けた場合の贈与税を比較計算してみましょう。
 
[平成14年12月31日までの贈与の場合]
(1,000万円−110万円)× 45%−140万円=260.5万円
 
[平成15年1月1日からの贈与の場合]
(1,000万円−110万円)× 40%−125万円=231万円
 
【結論】
  平成15年度税制改正により、贈与税が約30万円軽減されました。

 
         
序. 財務基盤強化のために
押さえておきたいツボ
I. 同族会社の留保金
課税の停止措置
II. 欠損金の繰越期間
・繰戻還付の特例
III. 中小企業投資促進税制と
中小企業等基盤強化税制
IV. IT投資促進税制
 
     
V.少額減価償却資産の特例
 
VI. 研究開発減税
 
VII. 相続税・贈与税の特例
 
VIII. その他の税制
 

目次 前のページ 次のページ