「ジャスティからのクイズです!」の解答と解説の一覧

Q7.クイズの解答・解説
No 解答 解説
その通りです。(Q3参照)
× 留保金課税の対象となる法人は、同族会社(3人以下の株主で、持株割合が50%超となる会社)です。(Q3・Q4参照)
× 同族会社のうち、一定の内部留保した金額に課税されます。(Q3参照)
× 「株主配当金」が少ないと、留保所得金額が多くなるので、課税留保金額が多くなります。(Q3参照)
その通りです。(Q3参照)
その通りです。平成15年度から改正になりました。(Q4参照)
その通りです。(Q4参照)
× 青色申告書を提出する同族会社で、設立後10年以内の中小企業者が留保金課税が停止されます。(Q5参照)
その通りです。(Q5参照)
10 その通りです。(Q5参照)

Q18.クイズの解答・解説
No 解答 解説
その通りです。(Q12参照)
その通りです。(Q12参照)
× 「中小企業投資促進税制」と「中小企業等基盤強化税制」は、どちらか1つの制度しか適用できません。(Q12参照)
× これらの税制は、当期中に稼動しなければ、当期に適用になりません。(Q12参照)
× この税制は、取得又は製作の後、事業の用に供されたことのない、いわゆる「新品」のものに限られます。(Q12参照)
× 青色申告書を提出する中小企業者等のうち、大規模法人の子会社は除かれます。(Q13参照)
その通りです。(Q13参照)
その通りです。(Q14参照)
その通りです。(Q14参照)
10 × リースの場合は、税額控除制度のみの適用となります。(Q13参照)

Q25.クイズの解答・解説
No 解答 解説
その通りです。(Q19・Q20参照)
その通りです。(Q19参照)
その通りです。(Q19・Q20参照)
その通りです。(Q21参照)
× リース費用の総額の60%だけですが、税額控除の対象となります。(Q21参照)
× 対象となるリース取引は、リース契約期間が4年以上で、かつリース資産の耐用年数を超えないことが要件です。(Q20参照)
その通りです。(Q12・Q19参照)
× 資本金1億円以下の中小企業者等が対象となります。(Q23参照)
その通りです。(Q20、Q23参照)
10 その通りです。(Q24参照)

Q31.クイズの解答・解説
No 解答 解説
その通りです。
× 設備として資産計上すべきものです。
× 量産化のための投資は、試験研究ではありません。
その通りです。(Q30参照)
× 試験研究費の対象にはなりません。
× 製造部門の技術者の人件費は、製造原価となり、試験研究費ではありません。
その通りです。(Q30参照)
その通りです。(Q30参照)
× 開発費に属するものです。(Q6参照)
10 × 開発費に属するものです。(Q6参照)

Q42.クイズの解答・解説
No 解答 解説
× 今回の改正で、相続税及び贈与税の税率は、最高50%の6段階に縮小されました。(Q33参照)
その通りです。(Q34参照)
その通りです。どちらが得かは、個々の事情によります。
× 相続時精算課税制度では、非課税枠の2,500万円を超えた部分については、税率が一律20%となります。(Q34参照)
その通りです。(Q34参照)
その通りです。(Q35参照)
その通りです。(Q36参照)
その通りです。(Q40(2)参照)
× 今回の改正では、一方の特例を適用上限まで使いきっていない場合にその使いきっていない範囲でのみ、他方の特例が適用できます。(Q40(2)参照)
10 その通りです。(Q40(1)参照)

Q44.クイズの解答・解説
No 解答 解説
その通りです。年所得が800万円以下の部分は、税率は22%となります。(Q43参照)
× 資本金1億円以下の中小法人に認められます。(Q4参照)
その通りです。(Q9参照)
その通りです。(Q13参照)
の通りです。IT投資促進税制は対象法人の制限はありません。(Q19参照)
× 対象となる企業は、資本金1億円以下の中小企業者等です。(Q23参照)
× 他にも「試験研究費の総額に係る特別税額控除制度」等があります。(Q26参照)
その通りです。(Q40.1参照)
その通りです。(Q43参照)
10 その通りです。(Q43参照)