トップページ 財務サポート 事業承継 令和3年度補正予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募を開始しました

令和3年度補正予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募を開始しました

令和4年5月31日更新

事業承継やM&A(事業再編・事業統合等。経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎ、廃業・再チャレンジを行おうとする中小企業者等を後押しするため、「事業承継・引継ぎ補助金」による支援を実施します。
本補助金の申請は「電子申請(Jグランツ)」のみでの受付となりますので、GビズIDプライムアカウントの取得等の準備を進めてください。

申請受付期間

※令和4年5月31日(火)より経営革新事業の申請受付を開始しました。
経営革新事業の申請期間:2022年5月31日(火)〜6月20日(月)

※令和4年5月31日(火)をもって、専門家活用事業、廃業・再チャレンジ事業の1次公募は締め切りました。
2次公募につきましては、7月中旬以降を予定しております。

概要

【経営革新事業】 補助率:2/3 補助上限:600万円以内
※補助額の内400万円超〜600万円の部分の補助率は1/2
事業承継やM&A(事業再編・事業統合等。経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機とした経営革新等(事業再構築、設備投資、販路開拓、経営統合作業(PMI)等)への挑戦に要する費用を補助します。
(補助対象経費:設備投資費用、人件費、店舗・事務所の改築工事費用 等)

【専門家活用事業】 補助率:2/3 補助上限:600万円
 M&Aによる経営資源の引継ぎを支援するため、M&Aに係る専門家等の活用費用を補助します。
(補助対象経費:M&A支援業者に支払う手数料※、デューデリジェンスにかかる専門家費用、セカンドオピニオン 等)
 ※M&A支援機関登録制度に登録されたファイナンシャルアドバイザー(FA)またはM&A仲介業者によるFAまたはM&A仲介費用に限る

【廃業・再チャレンジ事業】 補助率:2/3 補助上限:150万円
 再チャレンジを目的として、既存事業を廃業するための費用を補助します。
(補助対象経費:廃業支援費、在庫廃棄費、解体費 等)

支援対象者

経営革新事業

事業承継、M&A(経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機として、経営革新等に挑戦する中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)

(こんな方におすすめ)

  • 新しい商品の開発やサービスの提供を行いたい
  • 新たな顧客層の開拓に取り組みたい
  • 今まで行っていなかった事業活動を始めたい
  • M&A後に行うPMIの支援を受けたい

専門家活用事業

M&Aにより経営資源を他者から引継ぐ、あるいは他者に引継ぐ予定の中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)

(こんな方におすすめ)

  • M&Aの成約に向けて取組を進めている方
  • M&Aに着手しようと考えている方

廃業・再チャレンジ事業

事業承継・M&Aに伴い既存の事業を廃業し、新たな取り組みにチャレンジする予定の中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)
※再チャレンジの主体は、法人の場合は株主、個人事業主の場合は個人事業主本人となります。

(こんな方におすすめ)

  • 事業の廃業を考えている方

公募要領・申請方法 

公募要領や申請に関する詳細等は、令和3年度補正事業承継・引継ぎ補助金Webサイト(以下URL)をご確認下さい。

本補助金に関するお問い合わせ先

(経営革新事業)050-3615-9053
(専門家活用事業、廃業・再チャレンジ事業)050-3615-9043 

留意事項

  • 本事業の申請書の提出方法はインターネットを利用した「電子申請(Jグランツ)」のみでの受付となります。
  • Jグランツの申請にあたっては、事前にGビズIDプライムアカウントの取得が必要となります。アカウントの取得には2〜3週間程度が必要となるため、公募締め切りに余裕をもって手続を実施してください。
  • 本補助金では、公募要領の公表日(経営革新事業:4/28(木))以降の事前着手の申請を認めています。事前着手を希望される場合は、事業承継・引継ぎ補助金Webサイトをご確認のうえ、申請を行ってください。なお、事前着手の承認がなされた場合であっても、補助金の採択がなされない可能性がありますので、ご留意ください。

(本発表のお問い合わせ先)

中小企業庁事業環境部財務課長 日原
担当者:高橋、前田、田中

電話:03-3501-1511(内線 5281〜4)
03-3501-5803(直通)

FAX:03-3501-6868