トップページ財務サポート会計「中小企業の会計 31問31答」

中小企業の会計 31問31答

8  金銭債務

問16

「金銭債務」は、どのように取り扱いますか?

答え
金銭債務とは、金銭の支払を目的とする債務をいい、支払手形、買掛金、借入金、社債(私募債を含みます。)等を含む支払義務(債務)の総称です。なお、金銭債務は、網羅的に計上します。金銭債務の会計処理及び表示は、次のように取り扱います。
 
●会計処理のポイント
(1) 支払手形、買掛金、借入金その他の債務には、債務額を付さなければなりません。
(2) 社債は、債務額をもって貸借対照表価額とします。ただし、払込みを受けた金額が債務額と異なる社債は、適正な価格を付すことができます。この場合、その差額に相当する金額は、償還日までの期間にわたり、毎期一定の方法で債務額に加減して処理します。
 
●表示のポイント