トップページ財務サポート会計「中小企業の会計 31問31答」

中小企業の会計 31問31答

3  有価証券

問11

「有価証券」は、どのように取り扱いますか?

答え
有価証券は、保有目的等の観点から4つに分類され、それぞれ会計処理も異なります。具体的には、次のように取り扱います。
 
●会計処理のポイント
有価証券は、保有目的等の観点から以下の4つに分類し、それぞれ次のように会計処理します。
 
●有価証券の減損処理
(1) 市場価格のある有価証券
  時価が著しく下落したときは、回復する見込みがあると認められる場合を除き、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は当期の損失として処理しなければなりません。
(注)「著しく下落したとき」とは、少なくとも個々の銘柄の有価証券の時価が、取得原価に比べて50%程度以上下落した場合をいいます。
(2) 市場価格のない有価証券
  発行会社の財政状態の悪化により実質価額が著しく低下したときは、相当の減額を行い、評価差額は当期の損失として処理しなければなりません。
(注)「著しく低下したとき」とは、少なくとも株式の実質価額が取得原価に比べて50%程度以上低下した場合をいいます。ただし、市場価格のない株式の実質価額について、回復可能性が十分な証拠によって裏付けられる場合には、期末において相当の減額をしないことも認められます。