トップページ財務サポート会計「中小企業の会計 31問31答」

中小企業の会計 31問31答

「中小企業の会計」の個別論点

1  金銭債権

問9

「金銭債権」は、どのように取り扱いますか?

答え
金銭債権とは、金銭の給付を目的とする債権をいい、預金、受取手形、売掛金、貸付金等を広く含む権利(債権)の総称で、会計処理及び表示は次のように取り扱います。
 
●会計処理のポイント
(1) 一般的な金銭債権
(2) 市場価格のある金銭債権
  市場価格のある金銭債権については、時価又は適正な価格をもって貸借対照表価額とし、評価差額は、当期の損益として処理することができます。


(3) デリバティブ取引による債権
  デリバティブ取引により生じる正味の債権及び債務は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は、当期の損益として処理します。ただし、ヘッジ目的でデリバティブ取引を行った場合、ヘッジ対象資産に譲渡等の事実がなく、かつ、そのデリバティブ取引がヘッジ対象資産に係る損失発生のヘッジに有効である限り、損益の繰延べが認められています。
 
 
●表示のポイント