トップページ財務サポート会計「中小企業の会計 31問31答」

中小企業の会計 31問31答

問8

信用力のある決算書って、どんなものですか?

答え
信用力のある決算書とは、正しい記帳と適切な会計処理に基づいて作成されたもので、企業の真実な財政状態や経営成績を示すものをいいます。
 
●正しい記帳
正しい記帳とは、次ののすべてを満たすものです。
  記帳は、複式簿記の流れに従って、秩序整然とわかりやすく行わなければなりません。
  記帳は、すべての取引事実を証拠書類に基づき、正確かつ網羅的に行わなければなりません。
  記帳は、取引後できる限り速やかに行わなければなりません。
 
●正しい記帳に基づく会計帳簿の要件
 
●会計帳簿の区分と保存期間
法人税法上、会計帳簿は次のように定められています。
また、会計帳簿の保存期間は、法人税法上は7年間ですが、会社法上は10年間となっています。