トップページ 相談・情報提供

中小企業支援施策の「ワンストップ・サービス・デイ」の結果について

平成22年12月10日
中小企業庁

  • 関係機関の協力の下、利用者が一つの窓口で必要な各種支援サービス(資金繰り相談、新事業展開などの経営相談、雇用調整助成金の相談など)の利用ができるよう、「ワンストップ・サービス・デイ」を開催
  • 平成22年10月4日から12月8日にかけて、47都道府県の69都市で合計95回開催
  • 合計相談件数1,922件、相談者数1,200名
  • 主な相談内容は、(1)金融699件(36.4%)、(2)経営全般348件(18.1%)、(3)知的財産268件(13.9%)、(4)農商工連携・地域資源・新連携、販路開拓152件(7.9%)、(5)その他145件(7.5%)、(6)海外展開・海外販路開拓112件(5.8%)

相談業種・規模別

 製造業卸売・小売業飲食・サービス業建設業その他
中小企業112539020214
小規模企業212135233131


アンケート集計結果

Q1:ワンストップ・サービス・デイの開催についてどこで知りましたか。
?商工会等(会報・機関誌・HP・チラシ)323件(28.6%)、
?その他282件(25.0%)、?知り合い212件(18.8%)、?行政機関188件(16.7%)
Q2:実際に相談してみて、いかがでしたか。
?大変良かった658件(61.0%)、?良かった376件(34.8%)、?良くなかった35件(3.2%)、?悪かった10件(0.9%)
Q3:ワンストップのメリットは感じられましたか。
?感じられた497件(48.3%)、?非常に感じられた434件(42.2%)、?あまり感じられなかった75件(7.3%)、?ほとんど感じられなかった23件(2.2%)

○関連情報