トップページ商業・地域サポート商業・物流支援

「挑戦する商店経営者の修行応援事業」のお知らせ

平成15年3月3日
中小企業庁

  中小企業庁では、このたび、商店経営者やその後継者などが繁盛店で修行することを応援する事業を開始します。

1.背景
 中心市街地や商店街を活性化するためには、個店の商売の中味そのものを消費者にとって魅力あるものへ高めていくことが必要不可欠です。
 そのためには、個店の経営者やその後継者、新規創業者が、魅力ある商売をするために具体的に何をすればいいのか、繁盛店や成功企業の現場で自ら学び取る(修行する)ことがたいへん有効だと考えられます。
 一方、どこの繁盛店や成功企業が修行を受け入れてくれるのか、一般には情報がないことから、修行のための門をたたくことをためらっている人達が多いのが現状です。

2.「挑戦する商店経営者修行応援事業」について
 中小企業庁では、繁盛店主や成功企業の現場で学ぶ意欲のある方々が、そうした挑戦者を受入れてもいいと考える繁盛店や成功企業で修行できる仕組みを構築することを検討しています。

3.考えられる本事業の効果
 修行希望者にチャンスが提供されることは、次のような効果があり、我が国経済の活性化にとってもたいへん重要と考えられます。
○ 消費者にとって魅力ある店が増加することにより、
 ・ 中心市街地や商店街の活性化
 ・ 消費の拡大や地域経済の活性化
 ・ 消費者の多様な消費生活の享受
○ 商店主や新規創業希望者などの意欲の喚起や閉塞感の打破

4.今年度の事業
(1)修行受入れ店・企業の開拓及びそのリストの作成・配布
 繁盛店の経営者を目指す意欲ある方に修行のチャンスを与えてもいいという繁盛店や成功企業を、商業団体等を通じて開拓し、そのリストを作成し、修行希望者に配布します。修行希望者は、リストを見て、希望する店や企業と個別に連絡をとり面談します。
【修行受入れ店・企業名】
 株式会社京都吉兆(懐石料理)、株式会社パル(アパレル)、株式会社プランドゥシー(レストラン、ウェディングプロデュース業)、株式会社ザ・ウィンザーホテルズインターナショナル(フレンチレストラン・京料理等) 等

※配布方法
 ・3月26日(水)に開催する「実践!大繁盛シンポジウム」で参加者に配布
 ・地方公共団体や商業団体等を通じ、商店経営者や創業希望者の方に配布

(2)「実践! 大繁盛シンポジウム」の開催
 本年3月26日(水)東京都港区のabc会館ホールにおいて、修行希望者を対象としたシンポジウムを開催します。(別添チラシを参照してください。)

(3)修行に関するニーズとシーズの把握
 成功企業や繁盛店などへのアンケートを通じて修行受入れ側のシーズを、また、シンポジウムの参加者に対するアンケートを通じて修行希望者側のニーズを、それぞれ把握し、施策の一層の充実を図ります。

5.来年度以降の対応
 今年度の事業結果やアンケートの分析結果等を踏まえ、来年度、より有効な修行応援の仕組みを検討します。

【問い合わせ先】
経済産業省中小企業庁経営支援部商業課
企画官
中心市街地活性化係長
松藤

電話 03−3501−1511(代表)  (内線5361〜5366)
    03−3501−1929(直通)
Fax 03−3501−7809