トップページ商業・地域サポート海外販路開拓支援「JAPANブランド育成支援等事業」支援パートナー検索ページ株式会社フランクジャパン

支援パートナーを探そう!(支援パートナー検索)

株式会社フランクジャパンのロゴ

株式会社フランクジャパン

中国越境ECスペシャリスト。京東を中心にECビジネスに従事。

進出企業へ一言

私たちは中国のECサイトJD.COM(京東)を始めとする主要ECサイトに加え、日中両国の物流企業、データサービス会社等のビジネスパートナーと緊密な協業体制を構築しております。弊社は中国と日本に法人を置き一気通貫体制を構築する事により、日本のお客さまの高品質な商品を中国の消費者に提供できる確かなソリューションをご用意しています。

岩井隆人

サポート範囲

対応国・地域

  • 中国の国旗

    中国

対応
ジャンル

  • 海外進出戦略・事業計画立案
  • 海外市場調査・マーケティング
  • 販路拡大(営業代行・販売代理店探し)
  • 海外テストマーケティング・簡易調査
  • 海外向けEC決済
  • 海外ECモール出品代行
  • ソーシャルメディアで海外展開
  • 海外WEBプロモーション
  • 海外向けECサイト構築
  • 海外展示会出展
  • 海外現地PRイベント開催
  • 現地物流
  • 輸出入・貿易・通関

対応可能な進出段階

  • 情報収集段階
  • 進出検討中
  • 進出が決定している
  • 既に進出している

対応可能な業種・業態

  • 製造

対応可能な予算

  • 101万円〜500万円
  • 501万円〜1000万円
  • 1001万円〜5000万円
  • 5001万円〜

事業内容

日本からの輸出・中国での需要が拡大する日本産品について、事業者の渡航が難しい中、 京東より直接出資を受けた日本国内唯一の会社として、日本の中小企業の皆様の中国EC市場での展開をサポートします。弊社はどんな商材を、どんな地域で、どんなターゲット顧客に売りたいのかといった方向性を検討し、自社の商品、戦略を策定してうえで、販売インフラ、物流インフラの構築、現地での販売促進をサポートいたします。

サポート内容/特徴/実績

サポート内容(1): 中国EC市場向けデータ分析サービス

ジャンル

  • 海外市場調査・マーケティング

予算イメージ

  • 101万円〜500万円

分析内容: 該当カテゴリーのプラットフォームシェア、プラットフォーム別販売単価を把握し、中国EC市場向けにどのプラットフォームにどれくらいの単価の商品を販売すべきか決め、該当カテゴリーの競合のプラットフォーム別売上、競合の販売数量シェアを見た上、何故商品がシェアを取っているのか、どのうような売り方をしているのかを分析し、該当商品の取るべきマーケティング戦略を分析・組み込みます。

サポート内容(2) : 中国向けEC流通構築

ジャンル

  • 海外向けECサイト構築

予算イメージ

  • 100万円以下

中国EC小売り最大のJD.comを中心に、プラットフォームが開放する出品・出店及びプラットフォームへの卸含め、メーカ―様の流通を最大化させるための最も良い販売スタイル・方向性に応じて販路構築のサポートします。国内完全買い取り・円決済・国内納品で安心してお取引いただき、プラットフォームへの商品登録・税関登録・(店舗)ページ作成・バイヤーとの交渉(自営への卸の場合)等の対応は全て弊社で行います。

サポート内容(3) : 最大化のためのマーケティング支援

ジャンル

  • 海外広告・プロモーション

予算イメージ

  • 501万円〜1000万円

中国ECで流通を最大化するには販促データを蓄積してから運用に活かすまでに時間がかかる為、2~3年かかります。 弊社は1年目で販促データ蓄積、2年目でデータ改善、3年目でデータ運用し、認知活動(オフライン体験)、理解促進活動(SNS専門チャンネル)、購買促進(モール内販促)、リピート促進(DM配布)等を定期的に行い、改善を繰り返して、着実に一緒に取り組めるメーカー様を本気でサポートします。

実績 : 中国越境EC市場無名ブランドから京東国際該当カテゴリーNo.1へ

ジャンル

  • 海外向けECサイト構築

業種

  • 製造

国・地域

  • 中国

予算イメージ

  • 1001万円〜5000万円

中国越境EC経験なし/インバウンド無名/レッドオーシャンカテゴリー商品でしたが、単品買取りからスタートし、トレーサビリティイベントや試飲会等オフラインイベントを定期的に実施。中国で無名のブランドでありながら、継続したO to Oの販促活動で中長期における計画と活動(1年目でデータ蓄積、2年目でデータ改善、3年目でデータ運用)が功を奏し、海外グローバルブランドを凌ぎ京東国際該当カテゴリーNo.1へ。