トップページ商業・地域サポート海外販路開拓支援「JAPANブランド育成支援等事業」支援パートナー検索ページ小平株式会社

支援パートナーを探そう!(支援パートナー検索)

小平株式会社のロゴ

小平株式会社

地域に根差し、世界を豊かにする

進出企業へ一言

今までの御社が積み重ねてきた歴史やストーリーを消費者に共感してもらいながら、新しいマーケットの開拓や、海外バイヤーに対してのアプローチに自信があります。御社の海外進出段階や予算に合わせてプランを組むことが可能ですので、海外のニーズに合わせた商品作りやマーケティングに挑戦したいと思っている事業者さんに是非、弊社の支援を活用頂きたいと思っております。

香川

サポート範囲

対応国・地域

  • 中国の国旗

    中国

  • インドの国旗

    インド

  • ベトナムの国旗

    ベトナム

  • アメリカの国旗

    アメリカ

  • シンガポールの国旗

    シンガポール

  • 中南米の国旗

    中南米

対応
ジャンル

  • 海外進出総合支援
  • 海外進出戦略・事業計画立案
  • 海外進出コンサルティング
  • 海外視察
  • 海外市場調査・マーケティング
  • 販路拡大(営業代行・販売代理店探し)
  • 海外テストマーケティング・簡易調査
  • ハラル認証
  • 商談会開催
  • 海外送金
  • ソーシャルメディアで海外展開
  • 海外WEBプロモーション
  • 海外広告・プロモーション
  • 海外展示会出展
  • 海外現地PRイベント開催
  • 現地アポイント取得代行
  • 現地日本人向けプロモーション
  • 海外保険
  • 海外工場設立・工業団地・レンタル工場
  • 海外企業との契約書作成・リーガルチェック
  • 輸出入・貿易・通関

対応可能な進出段階

  • 情報収集段階
  • 進出検討中
  • 進出が決定している
  • 既に進出している

対応可能な業種・業態

  • 卸売・小売
  • 飲食・外食
  • 宣伝・広告
  • 製造
  • 農林水産

対応可能な予算

  • 101万円〜500万円

事業内容

1991年から農水産加工物の輸入を開始し、現在では日本食品の海外への輸出及び、OEM提携による食品生産と販売等を行っております。また海外進出支援事業として、新規販路を開拓したいメーカー様の海外進出を、弊社の豊富なネットワークを生かしサポートします。現地パートナーと効果的なマーケティング活動を行うことで、今まで見えてこなかった市場の可能性を見出し、より現地に踏み込んだアプローチを行うことが可能です。

サポート内容/特徴/実績

サポート内容(1) : 海外進出のフルサポート(現地の市場調査〜マーケティング〜輸出)

ジャンル

  • 海外進出総合支援

予算イメージ

  • 101万円〜500万円

まだ輸出実績の少ない商材に対して、既存のマーケットの調査やターゲット層のヒアリングを行い、商材の価値や可能性を分析します。その結果からプランを策定し、現地スタッフがいるからこそ分かる現地の人に好まれるイベント等の企画、現地の店舗とコラボレーション、プロモーション動画作成等ご要望とご予算に応じて行います。またそれに伴う輸出も弊社で手配から実務まで承っております。

サポート内容(2) : 現地活動特化サポート

ジャンル

  • 販路拡大(営業代行・販売代理店探し)

予算イメージ

  • 101万円〜500万円

販路を拡大したい商材に対して、現地のアポイントの取得代行や商談の同行等のサポートを提供しています。または渡航が難しい事業者様に代わり現地の営業代行はもちろん、現地の方に好まれるアイディアを用いて展示会の出展を行います。その他にもソーシャルメディアを通して現地のインフルエンサーに参加してもらうプロモーションの実施やEC販売等をターゲット層の年齢、文化、習慣を分析しながら行います。

サポート内容(3) : 商品開発・ブランディングサポート

ジャンル

  • 海外進出コンサルティング

予算イメージ

  • 100万円以下

展開したい国に合わせた商品開発や、ブランディングを現地のスタッフや企業からヒアリングをしながらサポートをいたします。また実際に現地でテストマーケティングを企画することもできますので、現地での適正価格や消費者を少人数集めて集中的にヒアリングすることで商品に対するリアルな反応などのデータも収集可能です。

実績 : 青果加工品のアメリカの進出支援

ジャンル

  • 海外進出総合支援

業種

  • 農林水産

国・地域

  • アメリカ

予算イメージ

  • 101万円〜500万円

まずは現地で類似品の調査などを行い、ターゲットや方向性を策定。プロジェクト開始直後にオミクロン株の蔓延にも直面しましたが、現地にいるスタッフ迅速な対応により人数や日程の調整をしながら、商品に対する消費者の感想をヒアリングするために試食会を開催や、商品の認知度を上げるためにプロモーション動画の作成を行い、結果として市場にあった商品作りやバイヤーへのアピールを行うことができました。