トップページ商業・地域サポート地域産業支援

中小企業地域資源活用プログラム
中小企業地域資源活用促進法認定事業者の首都圏物産展への参加について

平成2 0 年7 月2 2 日
経済産業省中小企業庁
独立行政法人中小企業基盤整備機構

 中小企業庁は「中小企業地域資源活用プログラム」において、中小企業の地域資源を活用した取組を応援しています。同プログラムの一環として、独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業が開発した商品をマーケットにつなげるため、パートナー企業とともに販路開拓支援に取り組んでいます。
 この度、パートナー企業である首都圏の百貨店・スーパー等が、同プログラムと連携した物産展を開催し、中小企業地域資源活用促進法に基づく認定事業者が参加することが決定しました。
 今後、中小企業庁及び中小機構は、パートナー企業との協力関係を一層強化するなど、販路開拓につながる事業を展開することを通じて、中小企業の地域資源を活用した取組を支援し、地域の活性化が図られることを目指します。

  1. 中小企業庁では、平成19年度から「中小企業地域資源活用プログラム」において、各地域の「強み」である産地の技術、農林水産品、観光資源等の地域資源を活用して新商品・新サービスの開発や市場化を行う中小企業を支援しています。

  2. 同プログラムの一環として、独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の販路開拓に協力していただく「地域資源パートナー」を募っており、現在52の企業・団体に参画していただいております。

  3. 今回開催予定の物産展(日程:7月23日〜8月5日)は、地域資源パートナーである小田急グループ(5社)が、地域資源を活用した商品の販路開拓を支援することを目的のひとつとして開催するもので、経済産業省が地域活性化に向けた取組をPRするため実施している「ニッポン・サイコー!キャンペーン」とも連携しています。同物産展に中小企業地域資源活用促進法に基づく認定事業者17社が参加します。

  4. また同物産展には、中小機構が運営するテストマーケティングショップ“Rin”も出展し、地域資源を活用した商品の展示・販売を行います。

  5. 今後、中小企業庁及び中小機構は、パートナー企業との協力関係を一層強化するとともに、テストマーケティングショップや首都圏における商談会など販路開拓につながる事業を展開することを通じて、中小企業の地域資源を活用した取組を支援し、地域の活性化が図られることを目指します。
  • 地域資源活用プログラム・地域資源パートナー・小田急グループ物産展について
    独立行政法人中小企業基盤整備機構URL:http://www.smrj.go.jp/
    地域資源活用チャンネル:http://j-net21.smrj.go.jp/expand/shigen/index.html
    テストマーケティングショップ“Rin”URL:http://rin.smrj.go.jp
    小田急電鉄URL:http://www.odakyu.jp/
  • (別紙)小田急グループにおける物産展の概要について
    (本発表資料のお問い合わせ先)
    経済産業省 中小企業庁新事業促進課
      担当者:白川企画官、中田補佐、花房
      電 話:03−3501−1511(内線 5331〜8)
          03−3501−1767(直通)
    独立行政法人中小企業基盤整備機構 地域活性化グループ
      担当者:出口審議役、林課長代理、山口
      電 話:03−5470−1194(直通)

     

「ニッポン・サイコー!」とは、農商工連携や企業立地の促進を始めとする、経済産業省の地域活性化に向けた取組を積極的にPRするためのキャンペーンです。
ニッポン・サイコー!の「サイコー」には、多くの優れた地域資源や技術を有する「最高」な日本、このような日本の良さを「再考」し、地域発で「再興」していくことを力強く進める意味が込められています。