文字サイズ
標準
色の変更

サポイン技術紹介

  1. トップ
  2. サポイン技術検索
  3. 発熱によるLED照明故障防止のための、化成皮膜処理技術と厚膜ベーマイト処理技術による高放熱皮膜ヒートシンクの開発!

表面処理

発熱によるLED照明故障防止のための、化成皮膜処理技術と厚膜ベーマイト処理技術による高放熱皮膜ヒートシンクの開発!

長崎県

ミナミ化工産業株式会社

2020年3月23日更新

プロジェクトの基本情報

プロジェクト名 発熱によるLED照明故障防止のための、化成皮膜処理技術と厚膜ベーマイト処理技術による高放熱皮膜ヒートシンクの開発
基盤技術分野 表面処理
事業化状況 研究実施中
事業実施年度 平成29年度~

プロジェクトの詳細

事業概要

寿命4万時間(約10年)と言われるLED照明は発熱が原因で3年程度しか持たないことが多い。表面処理の不純物から開発した高放熱皮膜は、50WLEDの場合、既存技術アルマイトより3℃低く、寿命をさらに4千時間延長できる。本研究では、皮膜の放熱性・耐久性のさらなる向上とシミュレーションによる構造設計により、既存製品より10℃以上低いメーカー目標値65℃以下(寿命約3万2千時間)を実現するヒートシンクを開発する

実用化・事業化の状況

プロジェクトの実施体制

サポイン事業者 ミナミ化工産業株式会社
事業管理機関 公益財団法人長崎県産業振興財団

サポイン事業者 企業情報

企業名 ミナミ化工産業株式会社(法人番号:4310001008172)
本社所在地 長崎県