付注 

付注3-1-1 リーマン・ショック(2008年9月)まで3年間の売上高・経常利益・収支の状況と起業家属性の関係


1.モデル
被説明変数:1)リーマン・ショック(2008年9月)まで3年間の売上高の状況
       (増加傾向=1、横ばい・減少傾向=0)
       2)リーマン・ショック(2008年9月)まで3年間の経常利益の状況
       (増加傾向=1、横ばい・減少傾向=0)
       3)リーマン・ショック(2008年9月)まで3年間の収支の状況
       (黒字=1、収支均衡・赤字=0)
説明変数:〔1〕能動的起業家ダミー、〔2〕パートナーダミー、〔3〕会社組織での起業ダミー
      〔4〕起業の相談相手ダミー、〔5〕経営上の工夫ダミー、〔6〕資金の充足感ダミー
      〔7〕ベンチャーキャピタル等からの出資ダミー、〔8〕男性ダミー
      〔9〕起業時の年齢、〔10〕学歴(大卒以上)ダミー、〔11〕保有資産、
      〔12〕親の職業ダミー、〔13〕就業経験ダミー、〔14〕事業経営経験ダミー、
      〔15〕起業支援策の活用ダミー、
推計方法:プロビット分析

2.データセット
  中小企業庁委託「起業に関する実態調査」(2010年12月、(株)帝国データバンク)

3.推計結果
 
1)売上高
付注3-1-1 リーマン・ショック(2008年9月)まで3年間の売上高・経常利益・収支の状況と起業家属性の関係

 
2)経常利益
付注3-1-1 リーマン・ショック(2008年9月)まで3年間の売上高・経常利益・収支の状況と起業家属性の関係

 
3)収支
付注3-1-1 リーマン・ショック(2008年9月)まで3年間の売上高・経常利益・収支の状況と起業家属性の関係



前の項目に戻る     次の項目に進む